鹿角街道を行く~陛下の愛車の助手席から③~

皆、「お盆休みも今日で終了、明日からまた出勤きかえ~」などと憂鬱になってはござらぬか?メジャーダイミョウでござるじゃ。

さて、鹿角街道を行く余らの道中も、いよいよ本格的に青森県は田子町に突入でござる。

陛下も書いておらるるように、峠を越えると行く手はぐねぐねした下り坂が続きまする。
その下り坂をずーっと下ってゆきますると、右手になにやら魅惑的なスポットが見えてきまする。
d0085096_17432183.jpg
「砂防愛ランド」。
何ともストレートかつラブリーな名称ではござらんか。
これは案内板でござるが、砂防堤の地形を活用した野外レクリエーション施設兼オートキャンプ場みたいな感じの場所でござったのう。
設置の遊具やオートキャンプ場の造り自体は、いたってしっかりしたものでござったが、人出はゼロ。土曜の夕方、ここでキャンプと洒落込む粋な若い衆の姿でもあれば良かったのでござるがのう。残念。
山中の真夏の暮れ方、そして人気の無さ。「愛ランド」の名にふさわしく、野趣溢れる陸の孤島といった感慨を持つ施設でござった。

砂防愛ランドを過ぎてしばらく行きますと、陛下の記事にもある石碑が左手に見えてきまする。
d0085096_1752454.jpg
風雪にさらされ、いくぶんくすんだ様相を呈しておりまする。
d0085096_1754476.jpg
陛下の記事中にあった「もしや旧街道はこれであろうか」という道がこれでござるな。この道のすぐ先は川によって遮断されておって、それを渡らねばその先へは進めませなんだ。

かように、おもしろき史跡やら施設やらがたくさんありまする「鹿角街道」。浪漫と魅力に満ちあふれておりまする。(余)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2009-08-16 17:57 | ダンジョン
<< 鹿角街道を往く~余談~ 鹿角街道を往く~その3~ >>