浜田踏切からの眺め

d0085096_1842187.jpg
線路は続くよ、どこまでも・・・
そりゃホントかえ?
続いておらんかも知れんぞなもし。
なんちて。

この浜田踏切からの十和田南駅方面の眺め、学校へ通うとき、市日へ通うとき、はたまた通勤の途中で、幾度となく目にしておった、あるいは目にしておる御仁も多いのではないかな。
平場の駅としては結構珍しい、スイッチバックがあるがゆえの、単線ながら短い距離だけ複線に見える光景じゃな。
単線が別の方向から合流する様は、出会いか別れを想起させる・・・と思うのは朕だけか?
分岐したり隣の線路に渡ったりしておる線路、人生の岐路に似ておる・・・と思うのは朕だけか?
プラットホームに向かう線あり引込み線あり、これ人の生きる道の多様さを喚起させる・・・と思うのは朕だけか?
進むだけではない、時には逆方向へ戻ろうと思いきや、別方向へ新たな転進のスイッチバック・・・みたいな思いにかられるのは朕だけか?

ぬう。線路というものは、進む方向を見ておっても楽しいものじゃが、通って来た路程を眺めるのも楽しいものよ。時には振り返ってみてみたくもなるというもの。
人生に似たり、なんちて。しかしながら人の生きた道、後ろ振り返れば通って来た道程は明らかじゃが、前見ても目に見える線路なんぞ無いわさ。分岐も行き止まりも、見えやせん。
じゃから朕大好きな線路よりさらに人生面白いのじゃ。

いやーところで疲労ピークじゃよ。足腰から指の関節までギシギシいっとる。
そろそろ帝都が朕を呼んでおるかな。・・・いや、まだじゃなー。(朕)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2009-10-20 18:33 | ダンジョン
<< 電線一本 一文字多おい >>