大湯環状列石1

d0085096_18542050.jpg

鹿角が誇るディープスポットは数あれど、その筆頭といってもよいのが、この大湯環状列石、通称ストーンサークルであります。
あまりにディープ過ぎて、とうてい一回では紹介できんので、数回に分けて紹介いたしまする。
で、今回は何を紹介するかというと、まんず概要ね。
この大湯環状列石は、鹿角市大湯の高台に存在する遺跡でござる。
簡単にいうと、イギリスのストーンヘンジみたいに石をサークル状に並べた縄文時代(?)の遺跡なんです。
その遺跡の作られた目的や使用目的は、諸説フンプンとしてるんだけど、現在は地質調査なんかの結果から、どうやら墓地か祭祀の場だったらしいという説が最有力みたいね。なんでも、人間の脂肪の成分が土中から見つかったとか。
昔は、ただフェンスで囲われただけの遺跡だったんだけどねぇ。
三内丸山遺跡が騒がれだしたあたりからでしょうかな?手厚く保護されだしたようで、今は往時を偲べないほど、観光客向けに整備されまくっとります。
資料館あり、再現された縄文家屋あり、土産物屋あり、広い駐車場あり、家族でピクニックでもできそうな風の気持ちよい草原あり、なんかすごいことになってんなぁ、って感じですな。
続く……(余)

ちなみに位置はココね。(朕)
by deepkazuno | 2006-08-09 18:55 | ダンジョン
<< 大湯環状列石2 城下の賑わい >>