超過酷な競争

d0085096_194408.jpg

通称十八駅伝、十和田八幡平駅伝競走全国大会というのをご存知あるか?十和田湖をスタートし八幡平高原のゴールへと5つの区間でタスキをつなぐ、我が鹿角を北から南に駆け抜ける伝統のレースじゃ。かなり本格的な駅伝で、毎年全国の実業団やら大学やらが参加しておる。しかし国立公園駆け抜けるから気持ちよさそうとか言ってられん。開催が8月の真夏というのに、コースの標高差818メートルぞ。死ぬるぞ。鹿角を駆け抜けるのに全長73.8kmって、やはり我が鹿角は広いのう。ドライブコースとしてはかなりよさげじゃが。ちなみに2006年大会の優勝は小森co、二位SUBARU、三位東京電力とな。(朕)
by deepkazuno | 2006-08-09 19:44 | ダンジョン
<< 陛下が見たネズミは…… あなどれぬザコ >>