ガイジンサン

d0085096_13583224.jpg

雪が降り始めておるときにナンじゃが、これは夏の水田のあぜみちの光景じゃ。紫色の、まあもしかしたら綺麗っぽく見える草があるじゃろ。これ、ヒメオドリコソウといってな、外来雑草なのじゃ。舶来ものよ。どこの田んぼ行ってもわんさかあるぞな。りんご畑なんかでもな、こいつが優占種になってたりしとる。朕らが小さい頃は見たこともない草じゃったが。いつの間に増えたんじゃろうな。農業にとっては、やたらと増える厄介な雑草になっとる。そこに生えておる草の種類が変わるということは、生態系も微妙に変わってくるということは違いないわさ。根域に住む微生物、草を食す昆虫、昆虫を食す動物・・・対象が一つ変わるだけで総入れ替えになることもあるのじゃ。なんか危機感感じんか?感じんか。そうか。ふーん。(朕)
by deepkazuno | 2006-11-28 14:20 | ダンジョン
<< 活動の舞台 秋田美人 >>