大婆様

d0085096_16515970.jpg

ほい、これなーんじゃ。これはな、大日霊貴神社の境内にある御神木を祭ったほこらじゃ。木は秋田らしく杉の大木ぞ。すでに切り株のみの姿になっておるが、半端でないでかさよな。飾ってある額内の文を書き出してみるぞ。

神木姥杉
往古より境内におじ杉おば
杉の二大老木あり。吉祥姫
の父君ダンブリ長者、神籬と
崇めたとも言われ、おじ杉は
数百年前枯死す。おば杉は
巍然として社前に聳え、神木
として貴ばれる。寛文六年正月
昭和廿四年十一月災火に罹り
近年著しく枯腔衰勢昭和
四十七年九月剪除す。
樹幹 一千五百有余年
樹高 四十米周囲十米


凄いのう、朕の何倍生きとったんじゃ、まったく。そら神木ともされような。しかもじゃ、境内におじ杉おば杉の二本の巨木があったとあるのう。門杉として二本聳えておる光景は神々しかったじゃろうて。今や枯れてしまっておるから、我が鹿角の最大の巨木はやはり大湯大円寺の門杉ということになろうな。
どうでもいいけど、屋根の下についてる金属の部分、髑髏っぽく見えんか?(朕)
by deepkazuno | 2006-12-07 17:04 | ダンジョン
<< チャレンジャー 時代は回る 風車は >>