トワイライトストーンサークル

d0085096_91794.jpg
鹿角市北東部、大湯温泉郷に程近い台地上にある大湯環状列石、通称ストーンサークル。ここは縄文時代、祭祀に使われたといわれる石の建造物が立ち並ぶ、独特な雰囲気を持つ遺跡です。晩夏、西の山際に沈んでゆく真っ赤な夕日をバックに、急速に深い紺色の闇に溶け込んでゆく石の群れは、東から静かに落ちてくる星座もあいまって、そこはかとなく悠久の時の流れを感じさせる、古代のロマンに満ち溢れた夕焼けスポットです。

っっときたもんじゃ!目指すは城達也ぞ、我が鹿角の土地と空はポエマーにゃもってこいのロケーションばかりじゃからのう。大湯環状列石とかいいながら、ストーンが全然見えとらんで復元住居群だけ目立っとるし、晩夏って言いながら真冬の写真だっちゅうツッコミは却下じゃ。あの辺な、雪が存外深くてのう、軽装では間近まで接近できなんだ。今度は特長靴はいて夕焼け撮りに行ってみようかのう。あそこは夕焼けがまっこと綺麗に見えよるのじゃ。(朕)
by deepkazuno | 2007-02-07 09:28 | ダンジョン
<< 社長さん気分ギフト? いよいよ国体スキー >>