また康楽館ネタ

d0085096_91382.jpg
さてさてこれが康楽館の内部ぞな。廊下を歩くと、板張りの床がギシギシと心地よい音を立てよる。上にぶら下がった無数の提灯がなかなかの雰囲気じゃ。この康楽館でな、昨日今日と「康楽館映画懐」というのをやっとるのよ。昔の白黒映画を観て懐かしもうというやつか。一日に午前と午後1本ずつ上映で、両方見ても500円じゃ。安かろう。もっと早よう紹介しておればよかったのう。昨日も結構なお客さんの数で、好評じゃったぞ。今日は午前が、サンダカン八番娼館なんちゃらって映画、午後が、稲妻って映画・・・だったような。昔の白黒映画と、古い日本最古の木造建築歌舞伎小屋との相性はもう抜群じゃ。朕は二階席をおススメするぞな。灯り落とした広い空間見回しておるだけでもぐっとくるというもんじゃ。康楽館のブログ「第10回康楽館映画懐(かい)」も参照じゃ。(朕)
by deepkazuno | 2007-02-18 09:32 | 宿屋うまごや
<< 薄っぺら雪田 もしもし >>