冬季限定ビールじゃないよ

d0085096_23513394.jpg
冬物語じゃ!十和田湖の冬のロングイベントじゃな。朕は今年初めて行ってみたんじゃが、ううむ、カポーだらけじゃのう。それ狙っとるから当たり前か。まだ日が沈む前に行って、会場に着いたときの第一印象は・・・こんな暖冬の年じゃからのう、汚い・・・じゃった。大体雪がな、少ないではないか。んで、道路とかべちゃべちゃじゃから、泥も埃も雪に付くわさ。雪像とかも溶けては補修し溶けては補修しって感じじゃと思うんじゃ。実際、補修作業中のおじさんがいて、ぼそっと「よいでね~」って言っとったわい。しかししかしじゃ。日が沈んだらな、色とりどりのライトが雪像やら雪の回廊に灯ってな、これが綺麗なんじゃ。雪の汚れも暗くなると全く見えん。朕も暗闇は大好きじゃぞ。汚いものも闇に溶け込んで見えなくなるからのう。それはともかく、なかなかどうして、幻想的といえば幻想的な光景が広がっとった。雪の灯篭みたいなもんがいっぱい並んでおるのも綺麗じゃったぞな。あとな、マンドリン奏でながら綺麗な歌声を披露しておった歌手さんがおってな、朕は聞き惚れてしもうたわ。ええのう、朕もなにか楽器を使いこなせたら・・・いや、楽隊雇えば良いんじゃ、朕はよいわ。十和田湖冬物語な、詳しくはココを参照のことじゃ。行く価値はあるぞな。暗くなってからな。(朕)
d0085096_23514567.jpg

by deepkazuno | 2007-02-20 00:07 | ダンジョン
<< へそまがりキュウリ花付き 薄っぺら雪田 >>