寒い凍る、そうだ糖作ろ。

d0085096_9523541.jpg
寒締め野菜って知っておるか?特に雪の降る地方で、冬の冷気を利用して作られる葉物野菜のことじゃ。我が鹿角では寒締めホウレンソウの栽培が盛んじゃな。普通のホウレンソウとどこが違うかというとじゃ、糖度が高いのじゃ。要するにあま~いホウレンソウじゃな。なんで甘くなるかというとじゃな、ホウレンソウを植えた後、徐々に徐々に寒さに慣らしていくと、ホウレンソウが「やばい、寒い、凍る」って思うんじゃな。んで、そやつら凍りたくないもんじゃから、人で言うところの血糖値を上げよるのじゃ。糖を体内で生産しまくって、体液に充満させると、融点が下がって体液が凍りにくくなるって理屈じゃな。ようできとるわい。結果、糖分が多くなっておるからあま~いホウレンソウが出来るというわけじゃ。さらにうまいことに、我が鹿角は冬の間ものすごく寒くなる割には、秋田市なんかより日照時間が多かったりもするのじゃ。意外じゃろ。だから葉物野菜も日光を充分に浴びて光合成できるのじゃ。寒締め適地よな、我が鹿角。-10℃を数日間経験させれば極上の寒締めホウレンソウの出来上がりじゃ。が、やはり気温が低いということは生長が遅いということでもあり、11月までに種まきをして、ようやく新年正月から2月にかけて収穫にこぎつけるのじゃ。手間かかるのう。まあ、極寒の時期じゃから病気とか害虫とかの心配は無いんで、ほぼ無農薬っちゅうのもウリっちゃウリじゃな。(朕)
by deepkazuno | 2007-02-26 10:11 | 酒場あばん亭
<< 岩に仏(っぽい) 錦見の滝 >>