小坂鉱山事務所と青空

d0085096_11405661.jpg
美しいのう!なんじゃこのマッチングは。特徴的なアラビスクなバルコニーの装飾もよう映えとるな。なにより、この真っ白な壁面と木枠にはめ込んだ数多きガラス窓が青空をより一層青く見せておるな。ガラス窓のうち、何枚かは明治時代にベルギーのガラス職人が作ったものを輸入した当時のものがそのまま残っておる。ゆがんで見えるからすぐに分かるぞな。ゆがんだガラスに触れてみい、前世紀のベルギーの職人の手に、時空を超えて感じることが出来るぞな。ところでなんか朕、写真撮るの上手くない?(半疑問形、自画自賛調に)いやいや、そうではない。(半二重否定)朕が思うのはな、我が鹿角ってな、シロートがどこにカメラ向けて写真撮ってもな、不思議となかなか画になっとると。プロが上手く撮れるのは当たり前じゃ。シロートでもいい画が撮れてしまうのが我が鹿角じゃと思うのじゃ。まあ、朕の場合はシロートなりといえどもファインダー通して愛が写っとるがのう。は。ははは。(朕)
by deepkazuno | 2007-03-02 11:55 | ダンジョン
<< 東京は夜の七時~ 灯りをつけましょボンジョルノ~ >>