ちょっといい話

d0085096_1821694.jpg
さて、花っこ市は猛吹雪の中、それでもそれなりに盛況に終わったわけではあるがよ、花っこ市終わった翌日、つまり今日はこの冬一番の雪降りぞな!もう春に片足つっこんでおるじゃろうて。まあ、冬をぶり返す形になった今年の花っこ市じゃったがな、朕思うにはわりと良い出来事があったのじゃ。いつも花っこ市のとき花売りのメイン会場となる「花ドーム」と呼ばれる巨大な仮設ハウス、去年までは市内の業者さんに頼んで建ててもらっておった。しかし今年はな、予算の関係があったようじゃが、地元の若手農家さん達に建ててもらったのじゃ。要するに今年は商店街の若人たちと近隣農家の若人たちの共同作業というカタチが生まれたのじゃな。いまどき商人だから農家だからという垣根なんぞないに等しいわけじゃが、現実なかなか接点がなかった、係わり合いをもつ機会がなかったっちゅうことが無きにしも非ずなのじゃ。しかし今回はそれが、ハウス建てっちゅう形で生まれたのがのう、嬉しいわさ朕は。某平和軒で行われた花っこ市の反省会でもな、乾杯の音頭は手伝ってくれた農家の若手よ。乾杯の音頭で曰く、今後も鹿角の若者同士、がんばっていきまっしょい、てな感じじゃった。く~、最高じゃな!ほれけっぱれ!よいぞよいぞ!(朕)
by deepkazuno | 2007-03-12 18:21 | 酒場あばん亭
<< 頑張っとるなぁー! 冬を呼び返した花っこ市 >>