中滝公衆トイレ

d0085096_1951496.jpg
食事中の御仁には申し訳ないが、見ての通り公衆トイレじゃ。ごく小さいものじゃがな。しかしこの「公衆トイレ」というヤツ、我が鹿角のごとき観光地では非常に重要なものに違いなかろうて。人の三大欲のなかで、排泄欲を満たして差し上げるというのはれっきとしたサービスぞなもし。これがあるとないとでは、せっかく来てくれた観光客のご歴々が受ける観光地のイメージたるや雲泥の差じゃ。多分。ちなみにこの写真の公衆トイレは大湯温泉郷から十和田湖への道すがら、中滝の三叉路あたりにあるのじゃが、惜しいかな、ガソリンスタンド脇の建物の間に隠れておる上に、奥まったところにあって気づきにくいのじゃ。道路わきにでかい「公衆トイレ」と書いた看板もあることはあったのじゃが、なんか地面に立てかけてあって、おまけに草木で見えなくなっておったわ。これではあまりにも存在意味が薄いわい、誰か使ってやってくれい!(朕)
人気blogランキングへ
by deepkazuno | 2007-05-12 19:26 | 宿屋うまごや
<< 朕の耳はロバの耳にあらず 畑のキャビア転じてキャビとん追加情報 >>