役場踏切

d0085096_18293613.jpg
ここは鹿角市の柴平地区、JR花輪線の柴平駅に程近い踏切じゃ。この踏切、名前が「役場踏切」となっておるな。役場といえば、鹿角市が何十年も前に合併する以前、旧柴平村の役場のことだと思うんじゃ。しかし鶴田集落に役場があったんじゃろか?この役場踏切に立って辺りを見回してみるとそれらしき痕跡が・・・
d0085096_18294735.jpg
なにやらあるのう。朕の幼少時代から、秘密基地として危険な潜入を幾度と無く繰り返したあばら家じゃ。これが旧柴平村の役場か?・・・と思いきや、これは昔、病院だった建物だということじゃ。こんなところに病院があったんじゃのう。そういや、中に潜入したときリトマス試験紙発見したのを覚えておるな。薬品もあったような・・・朕もなかなか悪いことしとるではないか。
d0085096_18295974.jpg
んで、聞くところによると旧柴平村の役場は、お隣(といっても相当離れておるが)の高市集落、今の高市集落センターが建っておるところにあったそうな。ならばなぜあんな離れたところに「役場踏切」があるんじゃろ?昔の人の尺度かのう。昔は今ほどでかい道も多くなかったろうしのう。まあ、鶴田集落の人たちは役場踏切を通って役場に行ったに違いなかろうが・・・。(朕)
人気blogランキングへ
by deepkazuno | 2007-05-14 19:01 | ダンジョン
<< 純銀モザイク 朕の耳はロバの耳にあらず >>