台形の山影

d0085096_11573030.jpg
暑い、暑いのう流石に夏じゃ。この夕焼けならば明日もカンカン照りかのう、て感じじゃな。ちなみに、写真右端に見えておる台形の山陰が毛馬内富士といわれておる、茂谷山じゃな。毛馬内富士といえば・・・有名な竜になった八郎太郎、十和田湖での南祖ノ坊との一戦に敗れたとき、なんとこともあろうに我が鹿角を湖にしてそこに棲もうとしておったそうな。まあ、我が鹿角はすり鉢状の盆地ゆえ。唯一の水の逃げ場は毛馬内から十二所へ抜ける谷間しかないからのう、そこを埋めて水を堰き止めれば我が鹿角は湖になるとて、毛馬内富士を逆さにして末広の男神女神の間に置こうとしたそうな。なんとも凄まじい話よ。んで、毛馬内富士に縄かけて(どんなでかい縄じゃ)、力込めた跡が毛馬内富士に今道筋として見えるへこみだそうじゃ。結局堰き止めることできんかったようじゃが・・・。草木の八郎太郎、猛烈な男よな。ってか、暑いのう。(朕)
人気blogランキングへ
by deepkazuno | 2007-08-12 12:13 | ダンジョン
<< 狩猟本能 フルトーベイト >>