一年前の挫折 エピソード2

皆の衆、つつがなきや?メジャーダイミョウでござる。
なにやら陛下が懐かしき出来事を持ち出してござるようじゃのう。
十二支ゆかりの場所を求めて鹿角を彷徨する「鹿角縦断十二支の旅」。
たしかに実践し申したわい。そして、しかるべき挫折を味わったでござるのう。ほろ苦き思い出でござる。
しかしでござる。言い訳がましきことを言わせてもらえば、この旅については、断片的ながらある程度のプランを余は持っていたのでござる。以下、余のプランを列記するゆえ、ご覧じろ。

【鹿角縦断十二支の旅 旅程表】
子→子の口。当然っしょ。
丑→田代平のどっかの牧場。牛がいるから。
寅→うんむ~。思いつかん。ノープラン。
卯→むむ?ウサギどっかで飼ってんじゃなかろうか??
辰→「龍神=水神」を祀る神社があるはずでござる。内山不動にもあったような~。
巳→へび・・・。意外と難しいのう。ノープラン。
午→馬刺し売ってる花輪のお肉屋さん。
未→マインランド尾去沢のレストラン。ジンギスカンをやってるから。
申→猿・・・。やはり申ヶ野かのう。
酉→これはなんとでもなりそうでござったからノープラン。
戌→同上。
亥→イノシシ・・・。思いつかん。ノープラン。

おお・・・・・・。こうしてまとめてみると、なんとも計画に穴が多うござるのう。と申すより、計画というもおこがましいのう。杜撰かつお粗末なものよ。余としたことが、大口叩いたわりに、斯くの如き失態。面目次第もござらん。

ちなみに、この旅で余が写した写真を2枚紹介じゃ。
d0085096_21524318.jpg

子の口の土産物屋の軒先にある注意書き。「なんか面白い言い回しよのう」なんて思って撮ってきたのじゃ。今こうして見ると、なんでこんなものに心動かされたのか、我ながらまったく意味不明じゃのう。

d0085096_21525751.jpg

同じく子の口。土産物屋の牛の置物(非売品)。これまた、何が余の心の琴線に触れたのか、まったく不明。この牛、陶製ゆえやたらにつやがよいのう。

とまあ、かようなしまりのない画像からも分かるように、さして実りのある旅ではござらなんだ。おまけに、余らは卯(ウサギ)で挫折したしのう。しかれども、余らの志を引き継がんとするディープな冒険者がもしあらば、ぜひともこの旅を完結してほしいものよ。なんて、完全に他人任せですまんでござるな。(余)
by deepkazuno | 2007-10-19 22:09 | ダンジョン
<< さ、寒し・・・ 一年前の挫折 >>