黄昏七滝

d0085096_1145891.jpg
ここがどこかお分かりかな?このブログを見ておる貴殿らには愚問やも知れぬな。我が鹿角に二つある「日本の滝100選」に選ばれておる滝のうちの一つ、七滝前の広場じゃ。水車にアーチ橋、よう似合っておってなかなかオツな風情じゃな。夏場は観光客や地元民の憩いの場として賑やかになりよるが、秋も深まってくると人気もまばらじゃ。100名瀑の一としては意外なほど、この絶景独り占めじゃぞ。まさに穴場よな。ロケーションものう、小坂鉱山事務所や康楽館と十和田湖を結ぶ樹海ラインの中間にありよるから、観光ルートとしては絶好の位置じゃな。
d0085096_115819.jpg
無論、夏場の日中にはマイナスイオン溢れまくりの爽快感に浸れるスポットであるのじゃが、朕はここ、夕刻に通ることの方が多くてのう。そうしてみてみると、西日に照らされるこの場もなかなかの景観ぞ。独りで黄昏れたいときには絶好の空間じゃ。が、西日を浴びた七滝自体をカメラに収めるのは至難の業でな、山腹の北側に、引っ込んだ形で連瀑がありよるから、滝全体が影になってしまっておるのじゃ。朝日浴びる七滝は朕は未だ拝んだことがないが、どんなんじゃろ。朝弱いのが祟るのう。(朕)
d0085096_1151876.jpg

by deepkazuno | 2007-11-14 11:36 | ダンジョン
<< スタンドバイミーみたいな 冬の使者 >>