キノコではござらぬ

d0085096_2220236.jpg

これはキノコではござらぬよ。
木に雪が積もったのでござる。
樹氷ほどではござらぬが、まあ、よくぞここまで積もったものでござる。これぐらい積もれば木々の枝にかかる荷重もそれなりのものでござろう。
幼少の折には、こういった木の下に友人を誘い込んだものでござるなあ。そして、雪の乗った枝の下に人が立ったら、おもむろに木を揺らすのでござる。すると雪は真下の人に直撃するという仕組みでござるな。これがなかなか面白うござってのう。子供は雪にまみれるのが大好きなものゆえ、人にかぶせるだけでは飽きたらず、わざわざ自分に直撃するよう揺すってみたりしてのう。楽しいものでござるよ。今の子は、外で遊ぶ機会が減っておるようでござるから、もうそんな遊びはやらないのであろうのう。(余)
by deepkazuno | 2008-01-22 22:32 | ダンジョン
<< 縁談は短気が損気 今日の標語Advance >>