焼酎BAR

d0085096_10595470.jpg
いっとき、焼酎が全国的に大流行した時期があったのう。ブームに乗って新たな銘柄が大量に出てきよったり、生産量が少ない幻の焼酎というのが脚光を浴びたりといった感じじゃった。焼酎の流行はあれ以来ずっと続いておる感があるのう。安く飲むには我が鹿角で言えば「そふと新光」かのう。朕は緑茶割りがお好みであるぞなもし。まあ、安く飲むなら安い焼酎、なんぼでもあるのじゃが、焼酎ブームのときに全国のレアな焼酎を専門に取り扱う焼酎バーっちゅうのがいっぱいできたじゃろ。我が鹿角にも、こだわりの焼酎バーが一軒あるのじゃ!花輪市街地にありよる焼酎バー「ZEN」がそれじゃな。旧かねだいの交差点の反対側の角っこにありよる。焼酎の品数はたいしたものぞ、決して帝都あたりのそれに引けをとらぬわ。気さくな若いマスターとその連れ殿がやっておってのう、店内も狭いながらいい雰囲気を出しておるわ。こんな感じの焼酎飲みたい、と、好みの味をリクエストすれば、全国の銘柄からおススメを出してくれるファジーさもありよる。朕おすすめのお店のひとつには違いないわい。ただのう、朕は実は焼酎に弱かったりするのじゃ。ぬう。(朕)
by deepkazuno | 2008-03-20 11:20 | 酒場あばん亭
<< 囃子部隊の舞台 補足じゃ >>