春よのう……

d0085096_20301233.jpg

我が鹿角も、このところすっかり春らしゅうなってきたでござるのう。今日なんぞは気温も十五度を上回っておったんではなかろうか。春の陽気のなんとも心地よきことよ。路傍の草の新芽も萌えはじめておったのう。大湯ストーンサークル館脇の馬場では、馬ものどかに草をはんでおったぞなもし。
d0085096_20372952.jpg

川面も春の日差しを一面に受けて、なんとも煌びやかでござったのう。水は光の束となって走り、川底の砂利までもがガラス玉のように見え申した。春とは人の心、殊に雪に閉ざされ鬱屈しがちな東北人の心を浮き立たせるのう。心の持ちよう一つで、なんでもないものが異様なまでに美しゅう見えるものぞなもし。そういえば、3月20日をもって、秋田県は渓流釣りが解禁となったのう。これまた目出度きことよ。
d0085096_20454712.jpg

厚く雪に覆われておった山肌も、南斜面から徐々に雪解けが進んでおるぞなもし。山ではのう、樹の根元から円状に雪解けが進むのでござる。これは樹が熱をもっている、確かに生きているという証であるのう。それにしても今年の雪解けはペースが早うござるのう。今冬はやたらと寒かったという印象がござるが、雪は思いのほか少なかったようでござるな。雪が少なかった分、春は足早にやって来てござるようじゃ。
東京では桜が咲いたそうじゃのう。あと一月もすれば、鹿角でも桜が花開きまする。その折には、花見酒といきますかのう、陛下。(余)
by deepkazuno | 2008-03-23 20:56 | ダンジョン
<< キワメツケ 囃子部隊の舞台 >>