芽え早すぎ

d0085096_1646372.jpg
今年の冬は変な感じに終わってしまいそうじゃな。もう我が鹿角の低地には雪も残っておらぬ。このところ晴天が続いて、いつもならまだ零下の気温であるところがすっかり春の陽気じゃわ。ほれ、我が鹿角特産の鹿角りんごも北限の桃も、このとおり花芽が動き始めてしもうた。まだ3月じゃぞ、このままでは4月下旬には開花してしまうわ。前代未聞じゃ。そして恐らく、いやさほぼ間違いなく、4月には数回霜が降りて、動くのが早すぎた花芽に霜害がでるのじゃ。うう、恐ろしいのう。もはや、農業界では地球温暖化っちゅうのは真偽のほどの問題ではのうて、今後の温暖化のスピードに合わせた動きというのを実際にやっとる。大体、暖地の病気や害虫がどんどん北上してきとるからのう。西日本の方では逆に、高温障害で適作地でなくなってきとるところもあるようじゃ。なお恐ろしいのう。
d0085096_16461434.jpg
しかしまあ、農地は春めいて農作業も本格的に始動しておって活気が出てきよったぞな。農作業は家族総出の仕事が多いがのう、であるからこそ家族の絆が強くなり、親戚縁者、隣人との相互依存関係も太くなるのじゃな。時として愛と憎は紙一重じゃったりするかも知れんが。なんちて。(朕)
by deepkazuno | 2008-03-27 17:13 | ダンジョン
<< 春の山 一本 >>