内臓は放るもんに非ず

d0085096_16545465.jpg
我が鹿角の民なら大方の者が大好きな、ホルモン幸楽のホルモンじゃ。すげえ、美味い。ジンギスカン鍋でキャベツと共に焼いて食す、特製タレに漬け込んだ豚の内臓じゃわ。これがのう、おまんまに汁ごと乗っけて食べてもまた、すげえ、美味い。もう数年前になりよるか、この鹿角名物ホルモンを題材にした地元アマチュアバンドの歌「ホルモン歌」っちゅうのもあったのう。昨夜は朕、ホルモン大好き大臣な知人と一緒にホルモン幸楽行ったらのう、彼は一人で6人前くらい平らげたのではないかのう。全く、たまらんな。ちなみにこの幸楽の特製ホルモン、東北全域に取り扱い店舗拡大中のようじゃ。かの楽天でも出店しとって、相当売れとるみたいじゃ。まんず、すげえ、美味い。(朕)
by deepkazuno | 2008-04-11 17:09 | 酒場あばん亭
<< 春の楽譜 ハウスを作る青年 >>