朕の愛馬(二代目)

d0085096_18321747.jpg
朕は我が鹿角を縦横無尽に駆け回るのが好きじゃ。とはいえ、広大な我が鹿角、馬がおらんでは駆け巡ること叶わぬ。今の朕の愛馬は「岐路」と申す。ええ名じゃな。朕も今こそ人生の岐路に立っておるやも知れぬよ。往古より、英雄に名愛馬ありじゃ。項籍に騅、義経に太夫黒、劉玄徳に的盧、曹孟徳に絶影とな。朕も岐路に跨って名を轟かすぞなもし。しかしいかんせん、アブラの高騰で岐路もおいそれ動かせん。虞や虞や汝はどこにおる。(朕)
by deepkazuno | 2008-05-02 18:45 | 宿屋うまごや
<< 煙る 弘前城脱出戦 - 公の残影 >>