毎日がスペシャルとはいえ

d0085096_15122694.jpg
皆のもの、ゴールデンウィーク明けてむしろ疲れきっておったりせんか。朕は疲れたよ、パトラッシュ。新しい恋が一番楽しい頃になる5月、なんで朕はこんなことしとるんだろーって感じの五月病の5月であるぞ。皆、心してこの月をのりきるのじゃ。と、いうたところで、世の中もうすぐ「母の日」というのが来るらしいのう。5月11日であるか。カーネーションなんかを贈ったりするアレじゃな。朕は小心者ゆえ、何度かなんか贈ったことがあるが・・・あまりその・・・。にしても、最近の花の種類はもう星の数ほどあるのじゃな。見てみいこの鮮やかな色とりどりのカーネーション。前にも書いたが、年間に品種登録される花の新品種たるや数千種じゃ。
d0085096_1512383.jpg
花輪市街地にある花屋のはなまんに行ってみたらのう、なんじゃ最近人気のプリザーブドフラワーであるか、カーネーション以外にもいろんな商品が母の日用に並んでおったわ。はなまん殿の今年のオススメはお花と雑貨を組み合わせた贈り物と魔法のお花プリザーブドフラワー、じゃそうな。なんで魔法の花じゃと思うたら、プリザーブドフラワーって湿気と直射日光を避けて飾っとくと3~5年は変わらずそのままの美しさを保つのじゃと。そら魔法じゃな。水管理もいらん優れものじゃそうな。はなまん殿の話じゃと、「色々なアイテムを取り揃えて皆様のご来店お待ちしております。11日当日は大変混み合いますのでご注文はお早めに。 とにかく一度ご来店頂き見て頂きたいです。」とのことじゃ。
d0085096_15124876.jpg
ちなみに母の日の由来は1908年5月頃アンナジャービスという人が亡くなった母の追悼式で、母が好きだった白いカーネーションを配った事が母の日の始まりと言われておるそうな。その後深い愛情と感謝をこめて、母の日に亡くなった母へ白いカーネーションを贈る事が広まっていったと。うむ、いい話じゃな。ところで上の写真の御仁を知っとるかな。日本でも有数の技術を持っておるフラワーアーティストなるぞ。海外のコンテストなんかにも我が国の代表として出場しとったりするのじゃ。以前、秋田市で個展開いたこともあるゆえ、新聞なんぞで見たことあるかもじゃな。そんな御仁が花輪のはなまん殿におるのじゃ。これは我が鹿角が誇る人材と言ってよかろうな。ゆくゆくは朕の幕下に招聘したいものじゃ。ああ、ちなみにはなまん殿ではな、母の日当日にこのフラワーアーティスト、阿部純一殿が自宅に来て最高級のアレンジメントをしてくれるという「10万円アレンジメント」を先着2名限定で販売するそうな。すげーぞなもし。(朕)
d0085096_15562242.jpg

by deepkazuno | 2008-05-08 16:00 | 宿屋うまごや
<< 黄金ラーメン エビラ >>