つながりかみさま

d0085096_1665872.jpg
今年の我が鹿角は稲刈りが遅れておるのう。といっても、近年にしては、という程度じゃが。ここ数年は9月にゃ暑い日が多くて、9月中盤から10月初旬にかけて稲刈り競争みたいな雰囲気じゃったからのう。我が鹿角の気候の特徴は、とりもなおさず気温の日較差と秋~冬の日照時間の長さよな。昼は太陽がしっかり顔出して、朝晩はぎっちり冷え込む、これが美味い米やりんごを育てるのじゃ、見た目はともかく。となれば、今年の我が鹿角の米もりんごも、食味は期待してよかろうなあ。で、米が美味い年には紅葉も綺麗じゃという朕の持論からいけば、今年の紅葉は綺麗になるはずなのじゃ!涙出そうなくらい鮮やかな八幡平の黄色い紅葉、思わずため息が漏れる十和田湖の紅い紅葉と湖面の青のコントラスト、これ楽しみの一言じゃ。えー上の写真はそんなんとはあんまり関係ないが、田んぼの傍らで見つけたイトトンボじゃ。我が鹿角はだんぶりの里とも言われとる。イトトンボ、小さい頃はカミサマトンボと呼んでおらんかったか?なんでじゃろ、やっぱアキアカネみたいなのは田んぼに多いが、イトトンボはどっちかっていうと林とかに多くおるからかな。そして昔のまま保全されておる林には、神社がようあるものじゃ。神社のまわりでよう見かけるから、カミサマトンボ・・・関係ないかのう。ま、そのカミサマトンボも子孫残す準備しとるようじゃ、秋も深まってきよったということよな。美味い我が鹿角の新米も、そろそろ食えるぞなもし。そして朕のアレ、アレアレ、萌えみのりも10月下旬には収穫されよる。どんなんじゃろ。楽しみよな。(朕)
by deepkazuno | 2008-10-04 16:27 | ダンジョン
<< 牛のいる光景 10月の桃 >>