ちょっと寒い中、屋台出動

d0085096_17361371.jpg
昨日の記事でも書いたが、サマーノルディック競技の大会が我が鹿角で行われておったがよ、歓迎レセプションでは豪華にも花輪ばやしの屋台が一台出動して、お囃子を披露しておったぞなもし。流石に11月じゃから冷え冷えとしたこの気温のなか、しかしながら本番と見紛うばかりの熱く勇壮な演奏であったわい。我が鹿角は国境にあって恵まれた地下資源もあり、さらに交通の要衝であったゆえ、揉みに揉まれた歴史を背景に持つゆえ(たぶん)、花輪ばやしの調べは優雅であるがそれ以上に勇壮かつ心をたぎらせるものがあるのじゃ。本囃子なぞ、行進曲のようじゃよ。実際そうなんじゃなかろかと思うが。これ、スポーツマン達に贈るに最高の演奏じゃと思うのは朕だけではあるまいさ。願わくは、もっともっと多くの御仁に、この勇壮なる花輪ばやしの調べを目の当たりにして感動して欲しいものよ。まずは寒い中、熱いお囃子を披露した演者の御仁らに拍手喝采じゃ。(朕)
by deepkazuno | 2008-11-03 17:48 | ダンジョン
<< レトロな電信柱 ファイヤーマン >>