超カツカレー

d0085096_1091488.jpg
え、クリスマス?それってなんじゃったっけ。ホールケーキおおっぴらに独り占めで食える日じゃったかな。世間一般的には日本全国えっちな日かね。ぬう、羨ましい。そんなこと何にも関係ない記事書いちゃるぞなもし。つい先日、閣下を伴って我が鹿角の北方にある都市に威力偵察してきた(購入品:もやしもん⑦)のじゃがな、はて、ディナーはいかがいたそうかと相談しつつ南下してきて、結局花輪市街地まで帰ってきてしもうてのう。久々に「とん喜」なぞよろしいということで同店の暖簾をくぐったのじゃわ。朕は実に久々、へたすると十数年ぶりのとん喜じゃ。入れ替わりの激しい飲食業界にあっては老舗の人気とんかつ店と申して差し支えあるまいて。たいしたものじゃよ。で、朕はなにを喰らおうかと悩んでおったらな、カレーメニューの下に「大盛り100円増」「スーパー300円増」とあるではないか。とんかつ店に来てハンバーグカレーでもなかろうと思うて、カツカレーのスーパーを試みに所望してみたのじゃが、その結果出てきたのが上の写真のものじゃ。大きさ分かるかのう?なんちゅうんじゃろか、テラデカす。ごく普通サイズのとんかつがちっちゃく見えよるよ。これ全部食いきれるのじゃろか、と危惧したのじゃが、カレーが飽きない味でのう。カツは美味いしご飯もべとつかぬ。意外とぺろっと食えちゃうものよな、体が重たくなったが。このボリュームにして1,000円かからないというのはスーパーお徳じゃ。朕は言わせてもろうたよ、ご馳走様でしたと。これ食べた翌日、昼飯がたまたまカツカレーじゃったのはちと余計じゃったがな。(朕)
by deepkazuno | 2008-12-25 10:32 | 酒場あばん亭
<< 陛下に続け~! 透きとおる風に >>