偉大なるもの

皆、夕飯はお済みでござるか?メジャーダイミョウでござるじゃ。
いや、それにしても、今日は本当にすばらしき天気でござりましたのう。雪山の白と青空のコントラストが鮮やかですがすがしゅうござりましたのう。
d0085096_1921053.jpg

さて、本題でござるじゃ。
皆、これをごろうじろ。
d0085096_19234820.jpg
これはのう、とある山の上から撮影したものなのでござるが、この画像の中でひときわ異彩を放つ建造物がござろう。
さよう、赤い鳥居でござるな。
これはのう、花輪の鎮守である幸稲荷神社の鳥居でござる。この鳥居の左奥に参道がござって、山中の幸稲荷神社に続いてござるのじゃ。
いやはや、それにしても巨大でござるのう。周囲の家々の屋根よりも、さらに高くそびえてござるのう。
こうして俯瞰してみると、この鳥居の偉大さがようく分かり申すのう。このような巨大な鳥居を設けた花輪の住民の信仰心の厚さには、つくづく感服いたすほかござりませぬ。
幸稲荷神社に坐す神々よ、今年も我等が鹿角をお守りくださりませ。(余)

人気blogランキングに参加しておるよ。
d0085096_15583181.gif
by deepkazuno | 2009-01-08 19:37 | ダンジョン
<< …そのためのディーダンです。 どっとはれぇ >>