1800年代中盤

d0085096_9361889.jpg
こちら、かの伊能忠敬殿の海岸線測量後に、それを元にして描いたという日本全図のなかの我が鹿角のあたりの部分じゃ。
右に十和田湖、左に田沢湖が描かれておるのが分かろう。折戸、という地名が見えるあたり、感慨深いものがあるのう。
錦木塚まで描かれておるが、地名に関しての記述はどうなんじゃろ、何が基準なのかのう。知名度というわけでもなさそうじゃが、なんか適当なこしらえの地図じゃな。松山の上の方に「鹿角」って見える文字があるようじゃし。美湯って大湯のことかいな。上深津と見えるのはもしや土深井じゃったりして。田永って永田のことじゃろか。
どのみち、ちょいと配置がいまいちピンとこない地図に見えるのう。小国千町ってどこのことじゃろ。(朕)


人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!
d0085096_15583181.gif
by deepkazuno | 2009-04-15 10:26 | 宿屋うまごや
<< そろそろ 江戸期の >>