花輪線全駅制覇の旅~大館前編~

d0085096_1531626.jpg
やっちまった感のあることをやっちまったぞなもし。
我が鹿角を斜め切りし、スイッチバックなんてオツな仕草もにくらしい、「十和田八幡平四季彩ライン」っちゅう、ネット検索には到底引っかかりそうもない異名をもつ、我らが愛しの花輪線。
花輪線沿線の全ての駅を巡ってみるという、偉業といおうかなんといおうか。
花輪線の列車に乗ればまあ、全部の駅制覇は軽々とこなせようさ。そこをあえて朕、陛下こと狂王と、閣下ことメジャーダイミョウの二人が自動車で一つ一つの駅を巡るってヤツじゃ。

とりあえず我が鹿角のお隣、大館市の大館駅を起点としてじゃな、盛岡駅へ向こうて上り線とともに南下するのじゃ。・・・よう分からんな。

まず、とりあえず、
大館駅。
d0085096_1533435.jpg
大館駅前にはかの忠犬ハチ公がおった。秋田犬のハチ公は大館市出身なのじゃな。大館駅のシンボルと言うても違いあるまい。
その忠誠、我が配下に勝るとも劣らぬと聞く。
心なしか、なにやってんすか、みたいな顔しとる気がするが多分気のせいじゃ。
d0085096_15402.jpg
ハチ公の後方には、これまた秋田犬の親子団欒みたいな像がありて、さらにこんな、渋谷区と大館市との友好を記念した樹が植えられておった。
渋谷と大館はハチ公繋がりで色々と交流やっとるのじゃ。羨ましいのう。なかなかよいことではないか。
さしあたって渋谷の女性たちを合コンいやさ朕の配下として迎えるきっかけづくりの晩餐会でも開いてみたいものじゃが。

といったところで、起点の大館駅を後にして次の駅へ。
・・・このとき、午後4時じゃった。ちょいと大冒険するには遅い時間のスタート、これが後々、ボディーブローのように朕らの焦りをじわじわとかきたててくることになるのじゃが。

d0085096_15312576.jpg
大館駅の次の駅は東大館駅じゃ。
懐かしいのう、朕は学徒の折、この駅を毎日利用したものじゃ。
左側の自販機のあたりでたむろっておった記憶が少しだけ蘇ったわい。駅舎も変わっておらぬようじゃな。
ちなみに東大館駅、大館駅の南に位置しておって、東と言いながらも若干西ですらあるのじゃ。その駅名の理由、いつだったか聞いた覚えがあるようなないような。しかしさっぱりと忘れてしもうた、誰か知っておったら教えてくれい。
d0085096_15314214.jpg
東大館駅から歩み出て目の前にあるのがこの看板なのじゃが、これってば邦人向けなのじゃろか、それとも異邦人向けなのじゃろか。
もしやそんなことを考えさせた時点でこの看板の勝ちであるか。
なんてことじゃODATEめ。
d0085096_15315794.jpg
そして東大館駅から駅前ロータリーを挟んで正面に延びる路地が、大館市の歓楽街、国際通りじゃわ。
高校生がたくさん通う東大館駅のまん前にかような大人な場所の配置、なかなかどうして。
まあ時間帯で未成年と成年の棲み分けできておるから、まあよいか。

つづく・・・(朕)

人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!
d0085096_15583181.gif
by deepkazuno | 2009-05-31 15:56 | ダンジョン
<< 花輪線全駅制覇の旅 Major... みのりんご満悦 >>