花輪線全駅制覇の旅~鹿角その3~

d0085096_924674.jpg
ついに到達、ここが鹿角花輪駅じゃな。
鹿角花輪、という駅名になったのはいつじゃったか。朕は陸中花輪駅の方がまだ馴染みがあって、違和感を完全に払拭するには時間が必要なようじゃ。
秋田の県内にありながら、陸中の国とはこれいかに、ということを旅人にも投げかけ歴史のミステリーにいざなう駅名ではなかったか、旧陸中花輪駅。ってほどでもないか。
d0085096_9241951.jpg
駅前ロータリーには、花輪線でかつて活躍したSLの車輪のモニュメントとともに、鹿角市の鳥、声良鶏(こえよしどり)の像が。
っておい、もう五時半過ぎておるではないか。大館駅を出たのが四時、ここで五時半、盛岡まであと・・・
閣下から「まき」で行くべしとの進言が。然り然り。
d0085096_9243558.jpg
鹿角花輪駅前の中央通じゃな。ここずっと真っ直ぐ進むと、ハッピー飲んべぇズネスト、小料理葵殿がありよるのさね。その隣には甘さ大人感覚な幸せ味覚の小田菓子店殿も。駅から至近距離の左側には朕もようお世話になっておる、玄人好みのお食事ハズレなし宿、茅茹荘(ぼうじょそう)殿がありよるね。
花輪ばやしのときはこの駅前ロータリーに十町内全ての屋台が並ぶ姿が見られるのじゃが、その壮観満喫するとて、ロータリーに面した千歳旅館殿はもう、ロータリーを見下ろせる部屋なぞ一年前から埋まっちゃっておるそうな。
いやはや素敵な鹿角花輪駅前。ここから帝都は池袋直通の高速バスも出ておるのじゃな。
朕はかつて、当時の陸中花輪駅前で、セーラー服着た女性が、同級生達に見送られて多分帝都方面へ就職に行くのじゃろ、泣きじゃくりながらのお別れの場面に遭遇したことがあったのう。
駅は出会いと別れの場であるよ。



d0085096_9231558.jpg
さて、鹿角花輪駅を盛岡方面へ行くと次なる駅は陸中大里駅じゃ。
陸中花輪駅は鹿角花輪駅に改名したのに、陸中大里駅は依然として陸中大里駅じゃな。なんとキーボードで打ちづらい駅名じゃ。陸中大里駅。こちらは無人駅じゃな。
d0085096_9233215.jpg
陸中大里駅のイメージはもう、見たまんまこれ、サッパリという一言じゃな。
どうやら駅までのアプローチを朕らは間違ったらしいのじゃが、いや、到達方法が分からんでのう。田んぼのあぜ道歩いて、ホームによじ登った次第じゃ。これ多分、花輪方面でのうて八幡平方面から歩いてくれば駅にすんなりとたどり着けるんじゃろ。
d0085096_9234681.jpg
田舎の駅、というイメージがピッタリな駅は花輪線ではとても多いがよ、この陸中大里駅も確実にそのうちの一つ、筆頭であろうな。
駅のホームの目の前には田園風景が広がっておって、後には山が控えておる。バイパスの跨線橋の上からは、真っ直ぐなレールとシンプルな駅舎と野ざらしのホームを俯瞰できよる。
さあ、映画撮りに陸中大里駅へカムオンじゃ。

つづく。(朕)

人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!
d0085096_15583181.gif
by deepkazuno | 2009-06-08 10:11 | ダンジョン
<< 花輪線全駅制覇の旅~鹿角その4~ 花輪線全駅制覇の旅 Major... >>