カテゴリ:近隣諸国( 92 )

かわしま

皆、お晩でござる。メジャーダイミョウでござるじゃ。
さて。今日は鹿角の話題ではござらん。隣国青森は弘前にある、とある喫茶店の話じゃ。
その喫茶店は名を「かわしま」というのでござる。
土手町に紀伊國屋という本屋がござるが、そのすぐご近所さんじゃ。
学生服とかを売ってるお店の脇に階段がありましてのう、それを上った2階に店舗がありますのじゃ。
カレーが有名なお店でござってのう。
余は学生時代、よく通ったものでござるよ。
初めて余を「かわしま」に連れて行ってくれたのはサークルの先輩でござったな。
紀伊國屋書店の近くということもあり、そこで買った文庫本を読みながらカレーに舌鼓を打つ、というのが、余のお気に入りでござった。
当時よく食していたのは、小エビのたくさん入った「シュリンプカレー」でござった。
うむ、なつかしいのう。
大学を卒業してからも、何度かは足を運んではおったのじゃが、ここ数年はとんとご無沙汰でござった。

そして、今日。
余はこまごまとした買い物をしに、弘前に行ってきたのでござる。
紀伊國屋書店の帰りがけに、ふと見上げた「かわしま」へと続く階段。
d0085096_22485332.jpg
ううむ、思わず階段を上ってしまっておったよ。

店内の様子は数年前と変わらず。テーブル席に2組、カウンターに1組のお客。
入り口のすぐそばの二人掛けのテーブルに陣取り、「エッグカレー」を注文。
らっきょう、福神漬け、紅ショウガの入ったいつもの小皿が運ばれてくる。
うむ、この小皿、なつかしいのう。
文庫本を読みつつ待っておると、ついにカレーが登場。
おお、そうじゃ。ここのカレーにはポテトサラダがついておったのう。
カレーの上には輪切りになったゆで卵が載ってござった。うむ、まこと名に偽りなき見事なまでのタマゴカレーよ。
カレーとご飯の乗ったスプーンを口へと運ぶ・・・・・・うむ、まさしく「かわしま」のカレーの味じゃ!
ううむ、なつかしい味じゃのう。
誰しも想い出の味というものはござろう。
まさに「かわしま」のカレーはそれでござった。

こうして、余は久々に「かわしま」のカレーを堪能し、大満足してきたのでござる。(余)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2010-09-20 23:14 | 近隣諸国

大仏

皆、お晩でござるじゃ。メジャーダイミョウでござるじゃ。

さて。Uターンラッシュも終わり、お盆も終わりじゃのう。
お盆といえば、お墓参り。
お墓参りといえば、お寺。
お寺といえば、仏像。
仏像といえば、大仏。
うむ、左様。大仏じゃ。大仏の話題でござるじゃ。
d0085096_19174450.jpg

どうでござる。この見事なる大仏。
この大仏は、隣国岩手盛岡は松園寺に鎮座なされてござる。
かような大仏が、余らの住まう目と鼻の先におわすとは、寡聞にして知りませなんだ。
余らが参拝した際には、他に参拝者の姿はなかったのでござるが、お盆期間は多くの方々がこの大仏に手を合わせたのでござりましょうな。

ちなみにこの松園寺でござるが、他にも見るべきスポットがたくさんございましてのう。
d0085096_19311840.jpg
例えば、かような句碑がお寺までの参道のいたるところに林立してござりまする。

他にも、
d0085096_19355489.jpg
実におとなしそうな「猛牛」とか。

d0085096_19363959.jpg
エキゾチックな雰囲気の石塔とか。

d0085096_19372059.jpg
石塔を守護するかのように鎮座する正体不明の石仏(?)とか。

d0085096_19382840.jpg
敷地内のあちこちに鎮座する数々の仏像や木造とか。

と、このように、とにかく見所満載のお寺さんなのでござる。
鹿角からさほどの距離でもござらぬし、皆々様も一度拝観されてみてはいかがかな?(余)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2010-08-16 19:40 | 近隣諸国

不動の滝

d0085096_1329922.jpg
暑い日が続くのう。
こんな暑い日は、滝涼みにでも行きとうなるさね。
というわけで、先日行って来た不動の滝
これ、我が鹿角よりちょいと岩手県に入って、安代インター過ぎたところから左の山の方へ進むとあるのじゃが、これがなかなかの名瀑さね。
なんぞ、縁結びのご利益のある神社もある様子、手繋いであるいとるカポーも多かったのう。ちきしょーめ。
この頃はゲリラ豪雨も多いゆえに、水に泣かされる場面もあるわけじゃが、こんな風情ある滝へ涼みに行くのも一興じゃよ。

ところで最近はツイッター的更新が多くなってきちゃったのう。朕の分身もツイッター始めた模様なので、それはそれでフォロヒム。
昨日の長征の影響で眠いなう。(朕)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2010-08-16 13:39 | 近隣諸国

あーめーあーめー

d0085096_118991.jpg

うむ。
降ってきおったでござるよ。
しかも、すごい量と勢いで。
今、東北道の阿闍羅パーキングじゃが、バイクの御仁などはずぶ濡れで気の毒な感じじゃ。
雨よ止め。
止むのでござるじゃ。(余)
by deepkazuno | 2010-08-12 11:08 | 近隣諸国

ゆぱんき

皆、今日は暑かったのう。お元気でござるかえ?メジャーダイミョウでござるじゃ。

さて、今回は鹿角の話題ではござらぬ。すまんのう。隣国のとある喫茶店の話じゃ。

6月の初旬でござったか、陛下とともに弘前へ出かけることがありましてのう。
その際に、「rakra」という雑誌に載っておる「ゆぱんき」という喫茶店へ行ってみようではないか、ということになったのでござる。
d0085096_21393397.jpg

最勝院脇のワインパブ「ためのぶ」。その「ためのぶ」の店舗の横にご覧のような小道が奥へと続いてござる。
d0085096_21432093.jpg

その小道を進んでいくと・・・・・・
d0085096_21435868.jpg

その最奥に「ゆぱんき」がござる。
この日はあいにくのお休みでござった。残念。
d0085096_2146964.jpg

ちなみに、弘前高校側からみると、「ゆぱんき」の店舗はこんな感じ。一番右手の建物でござるよ。

実は、余はこの「ゆぱんき」なる喫茶店に一度だけ入ったことがござった。
大学の時分でござったが、友人と二人で恐る恐る小道を進み、店内に入ったのを今も鮮明に覚えてござるよ。
窓際の席に座って飲んだコーヒー。窓の下の道路を学校帰りの高校生が歩いてござった。
女性のオーナーが店名はギタリストの名前からつけたことなんかを話してくれましたのう。

余はそれっきりでござったが、友人は「ゆぱんき」が気に入ってそれから何度か足を運んだようじゃ。

大学卒業後も、その友人から「ゆぱんき」の消息を教わることはしばしばござった。
彼は今も行っておるのかのう・・・・・・。

いや、なつかしいのう。
余の若かりし日の思い出が、たしかに「ゆぱんき」にはありまするのじゃ。(余)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2010-07-17 22:02 | 近隣諸国

ベトナムのファミリーカー

d0085096_17314744.jpg
日本人はマネしちゃダメじゃぞ。
ええのう、一家族onSUZUKIの100cc。
最大で5人乗りまで見たが、やっぱ現地でも二人乗りまでしかホントはだめなんじゃと。
なんじゃ、ええのう。(朕)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2010-06-26 17:34 | 近隣諸国

ベトナム行って来たのこと

d0085096_1722646.jpg
とある理由でベトナムに数日行って来た朕であるぞ。
なんかベトナム凄かったわい。皆よい人で仲良しでのう。
街はなんぞよう分からんニオイが立ち込めておったし、食事も全部香草の妙な味、これ独特さね。
兎にも角にもHONDAとSUZUKIの100ccバイクの津波じゃ。
味薄めのいろんなフルーツもわんさかあったのう。
d0085096_17222195.jpg
現地の人たちってば、大人は英語も分からん人が余計じゃが、子供は英語や日本語も覚えてたりするのじゃな。
ちなみに携帯電話やらネットの接続状況はベトナムの田舎の方が我が鹿角より数段良かったりして。
ベトナム好きになって来たわい。(朕)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2010-06-22 17:49 | 近隣諸国

寿司が

d0085096_20155838.jpg

参上でござるじゃ〜!(余)

画像が横向きでござるが、堪忍じゃ。
by deepkazuno | 2010-06-05 20:15 | 近隣諸国

なぜかこんなとこまで来ちゃったでござるよ

d0085096_2002252.jpg

今日、陛下と小坂町の洋館探訪に出かけたはずが、いつのまにか弘前の駅前の二代目清次郎という寿司居酒屋にたどり着いて、今まさに飲んでしまってござるよ。にんともかんとも、ビールが美味いのでござるじゃ。(余)
by deepkazuno | 2010-06-05 20:00 | 近隣諸国

こんな村ラーメン館に行ってきたぞなもし

皆、おばんでござる。メジャーダイミョウでござるじゃ。いやはや、龍馬伝、ついに武市半平太が投獄されてしまいましたのう。土佐勤王党も斜陽でござるのう。

さて、それはそれとして。
今回は、グルメがテーマじゃ。鹿角ではござらんが。
d0085096_2125495.jpg
今回紹介いたすのは、弘前市石川に店舗をかまえる「こんな村ラーメン館」。5月初旬、陛下と筆頭参謀殿と余の3人で夜桜見物に出かけた際、事前に腹ごしらえせんと意気込んで入店したのがここでござった。

実はこのお店、陛下が直々にネットを駆使して調査し、「ここぞな!」と当たりをつけていたのでござった。

陛下曰く、「朕の調べによれば、ここの名物はカツ丼ということじゃぞ。」

なるほど。カツ丼でござりまするか……。

入店後、メニューを吟味。携帯電話でもさりげなく口コミをチェック。ふむふむ、どうやらここの売りは「ボリューム」らしゅうござるのう。

結局、筆頭参謀殿はチャーシュー麺、余はエビカレー、そして陛下は初志貫徹とばかりにカツ丼を注文したのでござった。

待つこと十数分。それぞれの注文した品がテーブルの上に並んだのでござる。

d0085096_21135576.jpg
筆頭参謀殿のチャーシュー麺。ううむ、チャーシューの存在感がすさまじゅうござるのう。

d0085096_2114502.jpg
余のエビカレー。まず驚愕したのが、皿の長さ。「カレー皿=丸い」という常識をかくも平然と覆すとは……。皿の長さには驚かされたが、料理のボリュームは意外と普通で、余はほっと胸をなで下ろしたのでござった。

d0085096_21185721.jpg
そして、これが陛下の注文なさったカツ丼でござる。さすがのボリューム!まさに王者が食すにふさわしき威風堂々たるカツ丼でござる。
陛下もしばしはその破壊的なボリュームに唖然としたご様子でございましたが、内ではふつふつと闘志がたぎってまいったのでございましょう。箸をとるやいなや、猛然とカツ丼と格闘を開始したのでござりまする。
その戦いの様相たるや、神話の時代のインドラとヴリトラの戦い、いや、北欧神話で神々の黄昏と称された神族と巨人族の血みどろの争闘を彷彿とさせるものでござりました。

永劫に続くかとも思われた陛下とカツ丼の戦い。しかし、確実に終局は近づいてござった。陛下は箸を休めることなく着実にカツ丼を減らし、この長い戦いにもついに終止符が打たれたのでござる。

戦いを終えた陛下を、筆頭参謀殿と余は畏敬の眼差しで見守っていたのでござる。

皆も弘前へ出かけたおりは、ぜひ「こんな村ラーメン館」でカツ丼にチャレンジしてみてほしいものでござる。(余)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2010-05-23 21:33 | 近隣諸国