カテゴリ:●城内●( 78 )

もはや恒例の

d0085096_2132398.jpg
新年じゃぞ。2009年じゃ。平成21年であるか。なんと1999年から10年も経ってしもうた。びっくりじゃ!光陰矢のごとし、もう朕の治世もどのくらいなんじゃろ。ってのは置いといてじゃな、毎年、閣下ならびに腹心の将軍を伴って元旦に買いに行っておる、とあるお店(店の名前が袋にバッチリ書いてあるが)の福袋、当然の如く今年も買ってきたぞな!ある意味これは運試しよな。ま、いつもなんか実用性のないものばっかで即押入れ行きの内容ばっかでへこんでおるのじゃが。それもまた楽しいというものよ。どれ、では早速中身を精査していこうかのう。
d0085096_213512.jpg
これは・・・コットンマット、であるか。これはなかなか良いではないか。棚の上に敷いておけということじゃろ。実用性抜群じゃな。幸先良いぞなもし。コットン・・・といえば、学友に木綿子と申す者がおったな、メールアドレスがコットンで上手いと思うたものじゃが。どうでもよいな。
d0085096_214620.jpg
これは伸縮自在スプーン、のようじゃな。一体何に・・・挿絵を見ると、他人の食い物にこれで手を伸ばして盗み食ったれ、みたいなことになっておるが。馬鹿者、朕はそんな必要ないわい。講演でもやるときに差し棒として使うてやるわい。
d0085096_2142172.jpg
これは・・・拳銃型メモパッド、であるか。なんともメモしづらい形よのう。ご丁寧に銃弾型ボールペンも付いておるが、小さすぎてこれまた書きづらい・・・そもそもこういうのは実用性あんまり関係ないんじゃな。ま、おいときゃいつかなんかに使える日が来るかも知れぬな。
d0085096_2143555.jpg
これはCDケースじゃな。これならなんぼでも使えるではないか、よいよい。作りもしっかりとしておるからええのう。しかし待て、CD持ち歩くって最近あまり・・・無いかも・・・まあよい。
d0085096_2144948.jpg
なんじゃこれ。挿絵を見る限り、瓶が身近にあったらその口にこの器具をはめると、灰皿に早変わり・・・。ゴミ処理のときに誰かが苦労しそうな感じじゃな。一応とっとくが、どんな場面で使うんじゃろ。バーベキューのときとかじゃろか。ううむ。
d0085096_215616.jpg
これはタンブラーじゃな。大きくも小さくもなく、まあ使えるのう。しかしペアであるわ、これは困ったものじゃ。赤い方を使う側室も同梱されておればよいものを。なんだかへこんできよったぞ。
d0085096_2152784.jpg
これは・・・ジュラルミンケース!でのうて、それっぽいアルミ製のちっちゃいケースじゃ。こんなん朕は大好きじゃぞ。なんかこう、いつか受け狙って使えそうな。普段も小物入れとしては充分じゃな。なんぞ朕秘蔵のコレクション入れておいたりしようかのう。大金入ってるっぽい感じ満々じゃな。よいよい。
d0085096_216048.jpg
最後のこれは焼酎のサーバーみたいなやつのようじゃな。朕は宮殿では晩酌せんのじゃが、まあよい。賓客が宮殿に来たときにでも使えようさね。渋めの色じゃし、いいんでないかの。
・・・とまあ、今年の福袋の中身はこんなんじゃったな。これ、今年はかなりいい線いっとるのじゃないか?運試しとしては結構な結果じゃろ。まずまず良い気分じゃ。この調子で今年一年、調子ちょっと斜め上でいってみようさね。(朕)

人気blogランキングに参加しておるよ。
d0085096_15583181.gif
by deepkazuno | 2009-01-01 21:40 | ●城内●

新年のご挨拶

皆々様、あけましておめでとうござりまする。新年も陛下への忠誠厚きメジャーダイミョウでござりまするじゃ。
いやはや、2009年がスタートいたしましたのう。皆々様にとって、この一年が良いものとなることを願ってござりまする。
そして、「ディープダンジョンかづの」より、年賀状を皆々様にお届けいたしまする。
d0085096_1244110.jpg
今年もよろしくお願いいたしまする。昨年に引き続き、このブログをかわいがってくださればとお願いするものでござりまする~。(余)

※お正月なのに、このブログを確認してくださっている皆々様に朗報!「ディープダンジョンかづの」の新年恒例企画「狂王陛下の福袋」が今年もありまする!これから狂王陛下とともに福袋をハントしに行ってまいりまする。果たして、今年の福袋の中身はいかに!?今晩の更新は要チェックでござりまするぞ!

人気blogランキングに参加しておるよ。
d0085096_15583181.gif
by deepkazuno | 2009-01-01 12:51 | ●城内●

あーだこーだで年は暮れ

d0085096_2131254.jpg
今年ももうすぐ暮れよるか。色々あったのう、2008年も。しかし時間は途切れなく続いておるゆえ、明日が今日になったからとて何も環境は変わることはないのじゃがな。そこはこれ、我が鹿角に住んでおる我らが心をどう入れ替えるかによって内容が変わって来よるものじゃろうな。ほれ、我が鹿角の稲穂たちは、世が浮かれておろうが不景気に沈んでおろうが、変わらず見事に頭を垂れておるわ。威厳さえ感じるのう。・・・と言えば言いすぎであるか。世は100年に一度の不況じゃとか言うておるようじゃが、我が鹿角はバブル崩壊以降、良い景気に見舞われたことなぞなくずっとじわじわ下降線じゃろ。だからこそ今、というか来年じゃな、起死回生のための動きをせねばならぬよ。挽回の良策はどこに眠っておるか分からぬ。今皆が動かねば、眠った良策は眠ったままで終わってしまうぞな。なんちて。そういった難しいことは抜きにしても、我ら明日からもまた我が鹿角の豊富な素材をネタにこのブログ書いていくゆえ、皆の者、どうかよろしゅうにじゃ。まさに我が鹿角は宝眠るディープダンジョンぞなもし。されば、よいお年を。(朕)

人気blogランキングに参加しておるよ。
d0085096_15583181.gif
by deepkazuno | 2008-12-31 22:08 | ●城内●

ディープな年忘れ

皆、大掃除は済んだかえ?メジャーダイミョウでござるじゃ。
さて、余も昨日から今日にかけて、居室の大掃除を敢行したぞなもし。だいぶすっきりさっぱりしたでござるが、本が多すぎて本棚に入りきらぬわ!
d0085096_17272910.jpg
ううむ。また明日、改めて整理してみるでござるか。
おお、そしてのう。なんと今晩、狂王陛下主催の年忘れ大晩餐会が催されるのでござる。並み居る重臣は全員参加、さぞかし豪華な顔ぶれとなるでござろう。
晩餐会会場はもちろん、狂王陛下のお気に入りの「葵」でござるじゃ。皆も葵に来れば、狂王陛下のご尊顔を拝し奉ることがかなうかもしれぬぞなもし。
さあ、今夜の晩餐会で今年一年の汚れをきれいさっぱり洗い落とし、少年のような清らかな精神を取り戻すのでござる。ではでは、武士のトラディショナルな正装で晩餐会に行ってまいる!さらば!(余)

※晩餐会の模様は、リアルタイムで更新するかもしれんぞなもし。
by deepkazuno | 2008-12-29 17:36 | ●城内●

陛下の肖像を狩野派の絵師に描かせてみた

d0085096_2303799.jpg

JOJO風陛下。ドドドドド。鹿角とはあんまり関係ないですな。よって、カテゴリも城内でござる。ドドドドド。(余)
by deepkazuno | 2008-12-23 23:02 | ●城内●

もーそー

皆、元気に過ごしておるかえ?メジャーダイミョウでござるじゃ。
さて。今晩もちいとばかり時間を持てあまし気味ゆえ、次のような妄想をしてみたぞなもし。だから、当然、全部フィクション。歴史のとこもあやしいから、閲覧には注意するのでござるぞ。

鹿角が舞台の大河ドラマ「リブラ」

●概要
血で血を洗う戦国時代。南部・安藤・津軽という三大名の勢力の境界に位置する鹿角が舞台。境界であるがゆえに、昨日はあっち、今日はこっちと立場を目まぐるしく変えざるをえない鹿角の小土豪たち。南部家お家争い、九戸の乱、大阪の陣を中心に、小土豪小枝指氏の処世術を描く大河巨編。

●CAST
小枝指宗完(真田広之)……このドラマの主人公。小枝指館主。左馬助。大湯昌次とは親友。九戸の乱に際し、昌次との友情をとり九戸に加勢するか、主家南部信直への忠義をとるか思い悩む。

小枝指知宗(藤原竜也)……小枝指宗完の子。

九戸政実(佐藤浩市)……南部家重臣。後、南部信直と対立し、乱を起こす。乱の鎮圧に苦戦する信直は豊臣秀吉に九戸討伐を要請。豊臣秀次を総大将とする6万を超す大軍とよく戦うも、降伏の後、斬首。

九戸実親(上川隆也)……九戸政実の弟。

花輪一朝(夏八木勲)……花輪朝重の子。安房守。子は政朝。
 
花輪政朝(堤 真一)……花輪一朝の子。

大湯昌次(豊川悦司)……大湯館主、大湯鹿倉館主。天正十九年、かねてから親交のあった九戸家に荷担し、南部勢による大湯館攻撃後は九戸城に入城。捕縛され、栗原郡三迫にて自刃。

大湯昌忠(鶴見辰吾)……大湯昌次の兄。九戸の乱では南部方に加勢。

月館隠岐(的場浩司)……瀬田石館主。九戸の乱では弟の小平左近と共に信直に属し、九戸側の一戸城を攻撃した。

長牛友義(西田敏行)……縫殿介。長牛館主。

毛馬内秀範(バリトン伊藤)……鹿角郡毛馬内領主。

南部晴政(藤岡浩)……南部家当主。

南部信直(渡辺篤史)……南部晴政の跡を継ぎ、第25代当主となる。

北十左衛門(オダギリジョー)……北信愛の養子。白根山に金脈を発見したことにより1602年に奉行に任ぜられ、その後さらに金脈を発見し南部家に莫大な利益をもたらした。大坂の陣には豊臣方として参戦し、陣後、盛岡で処刑された。

北信愛(古谷一行)……三戸南部氏の一族。尾張守。南部晴継が殺されて家督相続問題が発生すると、南部信直の擁立に尽力した。その後は信直の側近となり、内政や外交面で南部氏を取り仕切った。

五十目秀兼(柄本明)……兵庫。大館城代として大館地方を支配。後、南部家に内通し寝返る。


字だけですまんのう。こんなドラマ、できぬものでござろうか?(余)
by deepkazuno | 2008-12-21 00:16 | ●城内●

colors

d0085096_2384797.jpg
唐突じゃが、OMEBERRYのカラー版でござるじゃ。カラーになると、陛下の艶っぽさが際だちますのう。

d0085096_2310629.jpg
陛下のお顔のアップ。彫りの深いお顔立ちは、奥女中達にはダビデ王とうり二つと噂されてござる。(余)

おまけ
タイトル「命の躍動」  撮影:メジャーダイミョウ
d0085096_2321715.jpg
付句  ゆく夏を 惜しむがゆえの 逢瀬かな   メジャーダイミョウ
by deepkazuno | 2008-08-31 23:23 | ●城内●

めもりぃ

d0085096_2236524.jpg

皆、ゲリラ豪雨にまいってはおらぬか?メジャーダイミョウでござるじゃ。
さて、明日で8月も最終日。今年の夏も間もなく終わりまするのう。
思い返せばこの夏は、「ディープダンジョンかづの」にとっては大きな飛躍の季節になり申した。

ディープダンジョンかづの建国2周年を迎えた。
記事総数が800を超えた。
陛下がブーーーーーンした。
Tシャツを作った。
HPを作った。
陛下が正直者にしか見えない浴衣をジャパネットで購入した。
アクセス数が伸びた。
遠野に行った。
陛下が空を飛んだ。


おおお……この夏の思い出が、目をつぶると頭の中をぐるぐると巡り申す。
余も老いたゆえ、かような思い出に浸るとセンチメンタルになってしまいまする。いや、笑うてくだされ。面目次第もござらぬ。

いや、ともあれ、思い返すにつけても良い夏でござった。
皆はこの夏、いかがでござったかな?(余)
by deepkazuno | 2008-08-30 22:53 | ●城内●

鹿角マスコット

d0085096_21554729.jpg
メジャーダイミョウでござるじゃ。
余が考案した鹿角のマスコットキャラクター、「叫びタンポ」じゃ。
どうでござるか?(余)
by deepkazuno | 2008-08-25 22:07 | ●城内●

待ち受け画像作っちった

d0085096_125650100.jpg
こんなんじゃな。大広間の方(ディーダンホームページ)から取得できるぞい。ま、気が向いたら覗いてみてくれい。(朕)
by deepkazuno | 2008-08-24 12:58 | ●城内●