<   2006年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

感涙

d0085096_1725016.jpg

八幡平高原や十和田湖はもうすぐ紅葉の時期ぞな。もうね、八幡平なんかの紅葉なんて絶景っちゅうかなんちゅうか、絶句じゃ。上の写真は平成13年に八幡平で撮った写真じゃが、このときはあいにくの雨じゃった。が、車運転しながら周りの紅葉のあまりの鮮やかさに涙出てきたのを憶えとる。なんか、十和田湖畔とか八幡平高原に降る霧雨って、下界に降る雨とは全く別物に感じるときが多々あるのじゃ。春は新緑、夏は濃緑、秋は紅葉をより一層鮮やかに見せるような、気のせいかもしれんがそんな効果がある気がするぞ。
・・・が、この写真を撮った平成13年以来、涙が出てくるような紅葉を見ちょらん。異常高温、異常多雨、明けない梅雨、異常低温、場違いの気温上昇、早過ぎる積雪と、連年続く異常気象のおかげで紅葉が鮮やかに出なくなってきておるのじゃ。我が鹿角の気候の特徴は、春夏秋冬という季節の移り変わりがはっきりしておるということじゃった。それももしかしたらすでに過去のことかもしれん。年平均気温の上昇はデータで明らかじゃ。一方、晩冬に異常高温、その後逆に春先には異常低温というのがパターン化してしまっておる。7月の低温と8月の熱波も定番となったな。冬は冬で、積雪が多くなった割に最低気温は上昇しておる。もう滅茶苦茶じゃ。植生も動物の生態系もずいぶん変わりおった。アオサギなぞ朕の小さい頃は一度も見たことが無かったのに、今では田んぼに平然とおるし、川岸にしか棲んでおらんかったセキレイは人間の家屋に巣を作るようになり(河岸整備のせいもあるが)、結果スズメたちの生活圏をかなり犯してしまいスズメの数は激減してしもうた。今まで鹿角より南方にしかいなかったカメムシのなかまや、鹿角では繁殖できなかった菌類が大発生したりしておる。だいだいだいだい大問題じゃこれは。頼むからこれ以上温暖化させんでくれ。ん?話ずれとる?(朕)
by deepkazuno | 2006-09-30 18:01 | 宿屋うまごや

こんなところにも廃墟

d0085096_1753754.jpg

鹿角東南部の、岩手県との県境にほど近いところに湯瀬温泉郷がある。湯瀬渓谷のほとりにあるこぢんまりしたいいヒールスポットじゃ。秋の紅葉、春の新緑、夏の避暑地としても冬の雪見風呂を体験するにも良いオツな場所じゃ。その湯瀬温泉郷から北方の山へ分け入る砂利道を少々行くと、この辺の緑の山肌が部分的に削られておる。土砂崩れでもなんでもない、これは昔の採石場の跡じゃな。すぐ近くに下の写真にある施設の廃墟があった。なんかモンスター出てきそうじゃな。閣下と朕はこんな寂れた風景が大好物なのじゃ。このような存在、まだまだ我が鹿角には人知れず眠っておるはず。それを探し出すというのがまた、宝探しに似た感覚を覚えるというものよ。(朕)
d0085096_1754937.jpg

by deepkazuno | 2006-09-29 17:29 | ダンジョン

でらいと

d0085096_15525983.jpg

この葉っぱ、何の葉っぱか存じておるか?なかなか新鮮っぽくて美味そうじゃろう。漬物なんかにちょうど良さそうに見えるな。しかしこれ食べると腹壊すぞ、この葉っぱはタバコの葉じゃ。加工前はこんなみずみずしい姿なのよな。我が鹿角はけっこうなタバコの産地になっておる。品質も、毎年賞をたくさんもらうくらいの良品質産地なのじゃ。この採ったばかりのタバコの葉は、葉の根元部分をヒモで結わえて、ハウスの中に吊るして乾燥させるのじゃ。そうするとだんだんあの見慣れたタバコの色になってくるのじゃ。しかしタバコってアレじゃ、最近はかなり煙たがられておるのう。存在自体が。ガンの素だとか麻薬の一種だとか。タバコに限らず何でも摂りすぎは毒だっちゅうことよな。食塩なんか、急性毒性考えると毒物か劇物かってもんじゃ。
一方でな、近頃よく耳にする「虫が食べるほど美味しい野菜」ってエセ文句があろう。鹿角のタバコも去年はえらく虫に食われて農家はたいそう泣きをみたもんじゃ。虫が食べるほど美味しいっちゅうことはタバコは美味いっちゅうことかね?そうではなかろう。人がそのままでは食えぬ生のタバコが大好物の虫だっておるということじゃ。大体、虫とヒトの味覚が一緒だっちゅう大前提からして、前段の文句は疑問なりさね。ガラス質の稲の茎だけ食い荒らす虫もいるのじゃ。おまけに虫が食ったあとに毒素残してたり、植物体自体が自己防衛のために微弱な毒素を体内で生成したり(興味がある人はこちら参照)。まあ、そもそも虫食いがある野菜は、安全だとかいってても実際買う人は少ないようじゃな。当然じゃ、たいがいの人は気持ち悪がる。それがヒトの自己防衛本能かも知れんて。
いつもどおり話がずれた。まあ、食べ物に関しちゃ「気にし過ぎない」っちゅうのが一番健康にいいのとは違うか。何でも摂り過ぎは身体に毒、採らなさ過ぎも栄養失調の元じゃな。でもタバコは・・・マナー次第か。(朕)
d0085096_1553113.jpg

by deepkazuno | 2006-09-28 16:52 | 酒場あばん亭

シュバルツバルトベルク

d0085096_15122420.jpg

お宮が高台の上にぽつんと立っておる。ここがどこだかお分かりか?大湯の黒森山のてっぺんじゃ。黒森山のふもとから、一本道の砂利道をどんどん登っていくとここにたどり着く。けっこう広い草地のスペースがあって、キャンプなんかも余裕でできてしまうぞ(していいかどうかわからんが)。この黒森山のてっぺんからの見晴らしがまた良い。ちと下の写真では曇っておってよう見えんが、まず鹿角盆地を一望のもとに見渡せるのじゃ。たいそう気持ちのよいものぞ。気分転換にはもってこいの場所じゃ。朕が請合う。ただ、ここにたどり着くまでの砂利道が、今年はひどかったのじゃ。たぶんあれは雪解け水で浸食されたんじゃろう、もう道路がグランドキャニオンになっておって、やっとのことで事故無くたどり着いたものぞ。もうちと道路を整備してもらえれば、いいドライブコースにもなろうものじゃが。(朕)
d0085096_15123615.jpg

by deepkazuno | 2006-09-27 15:56 | 宿屋うまごや

やや天狗

d0085096_10444581.jpg

うふん(咳払い)、このほど朕が撮った写真が単行本の表紙に使われたぞな!かかかかか(高笑い)。上の写真の本がそれじゃ。んで、それに使われた写真が下のヤツじゃ。なんか出版物になるって、やはり嬉しいのう。若干なにかを認められた気になっちまうぞ、朕。少なくとも、この写真は鹿角のあきたこまちじゃ!!とは自慢できようて。この勢いにのって、朕と閣下で自費出版じゃ!何を?・・・。それ考えるだけでご飯一杯いけちゃうぞ。まずは朕の領国、かわいい鹿角に文芸、文化を根付かせるのじゃ。豊かな生活は豊かな文化の上にこそ築かれるものじゃ。その豊かな文化の形成の一翼を、朕と閣下、それに有志を募って担ってやろうぞ。・・・・・・なんちて。危ういか。自ら足元をすくうハメになるやも知れぬな。(朕)
d0085096_1044583.jpg

by deepkazuno | 2006-09-26 11:03 | ●城内●

言葉は不要のコーケー

d0085096_1892530.jpg

朕はな、鹿角地域の農家とよく話をする機会があるのじゃ。今の農家はな、まあ機械化が進んでおるというか進まざるを得ん、なんでかっていうと生産コストの問題だったり労働効率の問題だったりするが、要は市場への食糧の安定供給のためじゃ。しかし生産資材の高騰に対して食品の単価は下がる一方でな、米なんかはっきり言って普通に作ってるとボランティアみたいなもんじゃ、利益なんぞ出ん。野菜も果樹も、負け続けるバクチのごとく生産のための投資ばかりで生活費が微々たるものしか手に入らん。実に、職業としての農家というのは瀕死の状態じゃ。ゆえに、農家のうち少なくない人達が全くやる気をなくしておる。愚痴も年々多くなってきたのう。自分の仕事をけなしておる者も少なくない。今まで長年やってきた農家の仕事を卑下して、息子たちに「お前は継ぐな」と多くの者が言っておる。そんな現状、朕にはかなりの精神的ダメージじゃ。もちろん農家にとっちゃ生活かかっとるからつらいもんがある。
しかしな、職業としてみた農家ってもんから視点を変えて見るとじゃ。農家ほど地元の自然を感じ、自然と闘い、また会社や職場なんぞの時間にとらわれず、自分の意のままに働けるのもないのじゃ。こりゃ他の職業で似たようなのを探すとなるとなかなかないぞ。あるとしたらアーティストくらいのもんか?なんにもない地面から人間の食べ物を生み出すってのも、真っ白なキャンパスに価値を創出するアーティストに似ておるかも知れんな。そんな素晴らしい仕事にプライドを持ってやる農家が少なくなってきたのも、朕は嘆いておる。
しかしな、実は朕が一番農家をうらやましいと思うのはな、多分結婚してからずっと何十年も二人で毎日畑仕事してきたんじゃろうなー、という雰囲気の老夫婦が、自分の畑のほとりで二人並んで座って、お茶してる場面を見るときなのじゃ。くどいか。毎日毎日、夫婦で一緒に生き物を育てておるのじゃ。何十年もじゃ。おまけに自分たちの育てたものを食卓に出して一緒に食べとる。んで、なお仲睦まじいのじゃ。歳とってなお寄り添う、なんとうらやましい光景か。一緒に、時間の束縛無く、自由に働けるからこその農家ならではの光景なのじゃ。こんなの見るたびに、農家って仕事は捨てたモンじゃないと朕はつくづく思うのじゃ。が、政府の政策は自由気ままに小面積でやる農業を潰しにかかっておる。大規模に農地を集積して生産効率を上げよ、農業は担い手農家に集中して行わせるというのじゃ。農業も時給制にするか法人化せよと。そして人件費削減のためと一般企業並みの時間給確保のために、年に2000時間以上働かないようにと。あきれるがこれ本気で言っとる。・・・朕の好きな光景はもう見れんかも知れんぞなもし。(朕)
d0085096_18124564.jpg

by deepkazuno | 2006-09-24 18:51 | 宿屋うまごや

ついに……!

d0085096_12485871.jpg

陛下!てぇへんだぁ!!とうとう、山のアケビが紫に色付きましたぞ!
これは前に記事で紹介した、出勤前にチェックしていたアケビです。「こりゃ食べ頃なんじゃないか」ってのを収穫してパシャリしてみました。
天然モノです。
美味そうでしょ?
といっても、紫の外皮は生ではたべません。内側の白い果肉を食します。鹿角では、外皮は漬物や寿司にしてから食します。
熊に先に食べられるんじゃないかと思ってたけど、セーフ。よかったよかった。
さ、今年の初物じゃ。熊より早く食すのだから、よっく味わって頂くとしよう。(余)
by deepkazuno | 2006-09-24 12:48 | 酒場あばん亭

田舎の局地的風俗

d0085096_108831.jpg

今朝、近所でなにやらドンドンカンカン鳴らしながら、珍しく人がたくさん集まっておるではないか。聞けば彼岸の時期に毎年やっておる悪病退散のおまじないらしい。太鼓と鉦を単調な間隔で鳴らしつつ、環状の数珠っぽいものを携えて集落の屋々をめぐって歩く。訪れた家から家人が出てきて人の輪に加わり、皆でその環状の数珠っぽいものを回すのじゃ。しかしこれ何信仰?話では、昔、集落内のあるお宅に重病の人がいたが、たまたまそのお宅の前を通りかかった旅の僧が、このおまじないみたいなやり方を伝授して数珠っぽいこの道具を残していったとか。で、その重病の人はなんか完治したらしく、これはすごいということで、今もやってるような感じらしいの。このおまじないの名前、誰に聞いても「ろくぼうさん」という通称しかわからん。朕の親父殿に至っては「ドンドンカンカン」と呼んでおって意味不明じゃ。謂れも定かでなく由来も本当かどうかわからん。なんなんじゃろ?誰か似たような儀式知ってたら教えてたもれ。(朕)
by deepkazuno | 2006-09-24 11:30 | 宿屋うまごや

ウェルカム秋

d0085096_22265954.jpg

今年の夏は暑かったのう。天候と始終戦っておる鹿角の農家に言わせれば、温暖化はマジで進行しまくっとると実感しちょるそうじゃ。人類の食糧の大半は薄っぺらな温帯で生産されておる。温暖化ってな、今でさえ食糧供給に問題出まくりなのに、これ以上進行すれば・・・プレゼントデンジャーよな。ああ、今そこにある危機(原題:Clear and Present Danger)って映画は初めて見たときドキドキしたのう。
また話題がずれた。
さあ、そろそろ収穫の秋ぞな。って、何の脈絡もないか。(朕)
by deepkazuno | 2006-09-21 22:27 | 酒場あばん亭

朕のオキニ

d0085096_22222994.jpg

キャンペーンガールってよいものさね。よく、なんとかレディとかミスなんとかって地方でも観光をPRするための女性たちがおるじゃろう。上の写真の三人は鹿角三姫という鹿角のアレじゃ。イベントとかキャンペーンとかで鹿角をPRするために頑張っておるのじゃ。まあ、言ってみれば朕の側室のようなものよな。一生懸命頑張っておる女性っちゅうのはタダでさえめんこいもんじゃが、鹿角のPRに一役も二役も買ってくれておる彼女ら、朕のめんこ(意:おきにいり?可愛がっている子?)じゃ。彼女らのブログもかなりの人気じゃぞ。(朕)
by deepkazuno | 2006-09-21 22:22 | ●城内●