<   2006年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ぶてぃっくという言い方はいかがなものか

d0085096_96297.jpg

2006年最後の記事は何にしようか・・・と迷っておったが、もうテキトーにやっちまうぞな。ほれ、向こうに立派な天守閣が見えるじゃろ。なかなかのもんじゃな。場所は隣県青森の黒石市内にある。詳しい場所は教えんから探してみい、すぐに見つかるはずじゃ。黒石といえば津軽一族の傍流が治めておった古い城下町じゃ、さぞかし由緒ある城であろう、って、しかしこいつは偽者の城じゃ。大体、立派な天守閣と言ったがあれ4mくらいの高さしかないみたいじゃ。いわゆる張りぼてというやつか。この建物、ホテルニュー黒石城と申す。・・・ラブホじゃ、ラブホ。一度入ってみたいもんじゃのう!朕としては!(朕)
by deepkazuno | 2006-12-31 09:20 | 近隣諸国

KEWPIE-CHAN

d0085096_1811877.jpg

ご当地QPちゃん  不確定名・・・・・・不思議な雑貨

おっす、おら朕。今宵は朕のご学友(女性)から、秋田のご当地キューピーちゃん探して買っておくようにとの指令がきたので、早速買ってみたぞな。最初は「んなもんあるかい!」と思っとったが、これまた朕の古いご学友(女性)からのタレコミで「ホテル鹿角の売店にて発見」の報あり、行ってみると確かに・・・あるのう!ナマハゲキューピーにゆきんこキューピー、比内鶏キューピーって、なんでもいいんかい!だいたいなんじゃ、キューピーちゃんってなんでいつもエヴリリトルシングの持田香織みたいに流し目スタイルなんじゃ?・・・そこがよいのか。そういえばペコちゃんも一緒じゃな。いずれにせよ、ご当地限定キャラクターグッズって人気あるのな。と、気づいた一日であったよさ。(朕)
by deepkazuno | 2006-12-29 18:17 | モンスター!

鹿角発、世界初!!!

d0085096_16513085.jpg

やったね、我が鹿角で世界初じゃと。何が世界初かって、蕗のソフトクリームじゃ!ただの蕗ではないぞ、子供の背丈よりも高くなるほど成長する秋田蕗と、近頃人気の濃厚なジャージー牛乳のソフトクリームなのじゃ。味の方は、ただ作ってみました系(若者の言い回しを意識してみたぞな)の珍しかろう不味かろうな代物ではないぞ。これが美味いのじゃ。蕗っちゅうと、エグみがあったり苦かったりというイメージじゃが、それが無いように工夫がなされておる。なんてーか、抹茶ソフトに似たような味じゃな。しかしよくよく味わうと確かに蕗の風味がしっかりと残っておる。まあ要するに美味いのじゃ。この秋田蕗ソフト、道の駅かづの(あんとらあ)で売っとるぞ。・・・多分。(朕)
by deepkazuno | 2006-12-26 17:11 | 酒場あばん亭

ひがみ

d0085096_11145616.jpg

外がなんだか騒がしいな。なんじゃ、世の中クリスマスとやらか。
ふーん。
これでも喰らえっ!ぶっ!



さーみしーぃ。(朕)
by deepkazuno | 2006-12-25 11:17 | ●城内●

宇宙と書いてそらと読む

d0085096_19355278.jpg

見て。この寒々とした暗い空を。
冬、鹿角の空はこんな感じで鉛色になるのよさ。
そしてな、これからながいながい雪との闘いが始まるのよさ。
とはいえ、今年は今のところ暖冬みたいね。雪が少なーい。とっても少ない。いやはや、過ごしやすくていいですねぇ。
でも雪が降らんと困ることもありますな。そうですねぇ、例えば……スキー場。
花輪も水晶山もスキー場開きとかはしたけど、そろそろ降らないと年末年始のスキーシーズン、グダグダになるんやなかとですか?
あとね、陛下も書いてたと思うんやけど、農業。その季節にふさわしい天候や気温が大切みたい。雪降らんと夏の農業にも影響あるそうな。
雪の降り過ぎはとっても困るけど、なきゃないでやっぱり困るもんですね。(余)

追記……FF3、ついにクリスタルタワーまできましたよ。敵も強いですが、あと一歩なんで頑張りたいと思います。あとね、陛下もDS買うんだって。
by deepkazuno | 2006-12-24 19:35 | ダンジョン

甘いだけが能じゃない

d0085096_13483983.jpg

我が鹿角ではイチゴも作っておるということを知っておるか?それも、密かに弘前あたりじゃ人気のブランドとして鹿角イチゴは使われておるようなのじゃ。密かに。栽培は小坂町の一部と級ノ木あたりが盛んじゃな。級ノ木なんぞは相当前から栽培しとるのじゃ。その栽培技術もなかなかのものじゃぞ。方言で「かんぶれ」とか言うとるが、株冷蔵処理(略称カブレイ)という手法でイチゴ苗の休眠処理を行い、うんちゃらかんちゃら・・・という立派な栽培技術が確立されておるのじゃ。しかし強制的に休眠させるからって、自然に逆らっておるとか言うでないぞ。年々不安定になってきよる異常気象にも対応でき、消費者が欲しい時期に安定して供給するための技術なのじゃ。おまけに我が鹿角ならではの、この気候にぴったりの品種を栽培しとる。近頃は水耕栽培が流行りじゃが、微量要素やらミネラルのことを考えると、やはり土耕ものが美味い気がするのう。管理はしこたま大変じゃがな。・・・そういえば、いつぞや、秋田卸売市場の職員がテレビ局のインタビュー受けて、鹿角イチゴの説明しておったことがあるぞな。しかし職員曰く「すっぱいですよ」。貴様!!それが売る側の吐く言葉か!それもテレビの前で!覚えてやがれじゃ!
どうでもいいけど、イチゴの花ってめんこいじゃろ。めしべのところが最初っからイチゴの形しとってな、蜂とかのおかげで受粉すると、そのままプクッと膨らんできて、ポッと紅くなるのじゃ。蜂にいじられて恥ずかしがってるように・・・思わんな。やはりな。最近は観賞用のイチゴ、花を観て楽しむイチゴも人気のようじゃ。機会があったら愛でてやってはいかがかね。(朕)
by deepkazuno | 2006-12-24 14:20 | 酒場あばん亭

すご杉

d0085096_17485919.jpg

杉の大木  不確定名・・・・・・やっぱ杉
でっかくね?これは大湯の大円寺にある門杉じゃ。見事な大木じゃろ。その樹齢なんと2000年とな。ものすげえおじいちゃんじゃな。おばあちゃんか?どちらでもよいか。秋田杉として知られる杉の産地、秋田県内でも、ここまで大きな杉の木は稀じゃろ。杉で胴回り9mって見た事あるかね。まさに天然記念物級よな。って、木の横に掲げてある看板には秋田県指定天然記念物って書いてあるわ。ちなみに昔は二本あったとな。・・・もう影も形もないがな。すげーぞな、さすが我が鹿角。(朕)
d0085096_1749911.jpg

by deepkazuno | 2006-12-21 18:05 | モンスター!

新特産品開発

d0085096_1736869.jpg

日本って景気いいんかのう?大都市や大企業はなにやら景気のいい話になっとるらしいが、実際大多数の庶民はまだまだどん底家計だったりせんか?ひと昔に比べれば、家計の中での食費はずいぶん安くなっておろう。生活レベルとやらの一つの指標に、支出における食費の比率みたいなもんがあって、それを縮小して余暇にあてるっちゅうのが国策じゃったからな。ただな、食事だって楽しみの一つ、贅沢の選択肢の一つとは思わんか。・・・またまわりくどい言い回しになってきよったな。いまだ景気が悪い地方自治体ではいろんなことやっておるではないか。その手段のひとつとして、特産品開発っちゅうのはずいぶんとやられておる。どこもかしこも特産品開発コンクール流行りじゃ。かくいう我が鹿角でも、有象無象の特産品の数々が生まれておる。けっこうどれもこれもなかなか考えられた良い商品だったりして、やるのう、とか思ったりするのじゃ。しかしじゃ、大半の(新しく作った)特産品は、イベント的に作られて終わり、今後いつでも手に入る継続商品としては日の目を見んかったりするのじゃ。これでは「できたできた、はい、良かったね」で終わっちゃうではないか。継続は力なりとか、産むはやすし育てるは難しとかいうが、まさにそれよ。アイデアから商品を作り、形にするのは案外得意な御仁が多いようじゃ、頼もしくも。しかしそれを販売までつなげて、利益にするっちゅうことがなかなか出来る者がおらんのな。だからじゃろうか、昔から「秋田は商売が下手」とか言われるのは。しかし特産品開発っちゅうのはそもそも利益増やすためにやることなはずじゃから、販売までちゃんとやってみんと意味ないんじゃなー。・・・と、朕も最近気づかされたのじゃ。産むはやすし育てるは難しって、そういえば特産品開発のみならず人間の子供もその通りよな。
で、我が鹿角の特産品をいろいろ見ておると、やはり特産のりんごを使ったものは多いものよな。最近は北限の桃と銘打って、桃栽培が盛んになっておるから、桃を使った特産品も開発の余地があるのではないか?なんて思って、桃、桃と考えてみた。そういやピーチパイって、甘いお菓子の代名詞みたいに使われておる言葉じゃが、あまり見かけんな。ためしに「ピーチパイ」でググってみた。そしたらどうじゃ、なんか過激なホームページばっか出てくるではないか。・・・穴じゃないのか?ピーチパイ。(朕)
by deepkazuno | 2006-12-20 18:02 | ボッタクル商店

それは眉毛ではない

d0085096_1346113.jpg

マユタテアカネ  不確定名・・・・・・仮面ライダー1号
トンボじゃ。前にも、ドラゴンフライゆうて閣下が紹介しておったな。我が鹿角はだんぶり(トンボの方言)の里ゆえにトンボが多いのじゃ。このトンボはメジャーな種類で、マユタテアカネと申す。こやつをいじめてもあまり経験値はたまらんから、眺めて楽しむか愛でてやるがよいぞ。なんでマユタテアカネって言うかというとだな、ほい、拡大。
d0085096_13462493.jpg

どうじゃ!眉毛立ってんじゃろ!いやマジで。かかかかか。あー疲れた。(朕)
by deepkazuno | 2006-12-20 13:55 | モンスター!

蒸け

d0085096_13464256.jpg

我が鹿角はもうめっきり冬って感じなんでアレじゃが、冬には雪が深すぎて行けない八幡平の秘湯をご紹介するぞな。この贅沢な露天風呂は「ふけの湯」じゃ。秘湯の会にも登録されておる、古くからの人気温泉なのじゃ。ただ、八幡平の頂上に程近いところにあるゆえ、冬季間は通行止めで行けないのじゃ、残念。春は4月頃から営業するらしいぞ。んで、この露天風呂じゃが、いやはや開放的という言葉ぴったりじゃな。温泉は少々白濁した熱すぎずぬる過ぎずの、とても気持ちいい代物じゃ。ただ、朕は二時間浸かっとったらのぼせた。開放的といったが、露天の男湯は見たとおりがらんとしておって、露天の女湯はいちおう帳で囲まれておる。ちなみに露天の混浴もあるぞな。露天の男湯の方は、たまに観光客に温泉ごと間近で観られるから、ちと注意じゃ。ついでに言えば、このふけの湯、子宝の湯としても有名(?)で、金勢様を祭った神社が玄関にあるのじゃ、これも要チェックじゃな。(朕)
by deepkazuno | 2006-12-19 14:10 | ダンジョン