<   2009年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

小さな強敵

d0085096_17193116.jpg
いもち病   不確定名・・・・・・稲が死んでるよ

いやご無沙汰。
なんか忙しいのじゃ・・・。
という言い訳はこれくらいにしとこうかね。

今年はこれー、朕の大好きな我が鹿角産のお米の出来を妨害する、いもち病が多くて困っとるわい。
見るほどに見事ないもち病じゃ。
感心しとる場合でもないがよ、やはり梅雨がよう分からんままずるずる長引いて、日照も明らかに不足しとったし、妙に蒸し蒸しする気候じゃったからな、しばらく。
花輪ばやしが終わってからは夜温がバリッと下がった、まあそれは良いのじゃが、日照不足で剛健でない、病気にかかりやすいカラダになってしもうた稲にとっては罹病しやすい条件が整ってしまったようじゃ。
こうなってしまうと、籾の中のお米は成長ストップして、いわゆる死米というやつになってしまうのじゃ。
d0085096_17194767.jpg
これは朕が2001年に撮った稲の葉のいもち病なのじゃがな、今年のいもち病の蔓延ってば、この年以来久々のものじゃよ。
これまた見事ないもち病じゃろ。菌の胞子まで見えそうなくらい繁茂しとる。
この写真、典型的な稲の病気の写真じゃとて、とある児童向けの雑誌に使われたこともあるのじゃよ、えっへん。
いやいや自慢しとる場合ではないぞな・・・
お米が・・・(朕)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2009-08-31 17:41 | モンスター!

コスモス満開

d0085096_173633.jpg
綺麗じゃなー。
長雨にも日照不足にも負けずに、秋の花が満開じゃよ。
去年は春に耕起せず放っておいたらあまりよい咲き具合ではなかったのじゃが、今年春耕起したらこんなに見事に咲きそろいよった。
我が鹿角外縁の山々では実り悪いとみえて、熊が里に大挙下りてきておってたいへんじゃが、野生の動植物には試練じゃな、こんな気候。
たまには世の有象無象を忘れて、コスモスの花に見とれるのも良かろうさ。リフレッシュも人生の大事な作業のひとつぞなもし。
ちなみにの写真撮ったのはここ。(朕)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2009-08-26 17:10 | ダンジョン

ぐれておる

d0085096_1872791.jpg
今月の始め頃からほほほと稲穂が顔を出しよった我が鹿角の稲たちよ、今年はなんぞ頭を垂れるのが遅いわい。
そんなこんなしとるうちに、いもち病も増えて来よった。まったく困ったもんじゃ。
やはり長雨、日照不足が響いておるのう。

まあ、稲穂がずっしり充実してしまうのがめちゃくちゃ早すぎるよりは幾分マシかも知れぬがよ。
というのも、あまり急激に稲穂の中でお米が出来てしまうと、白く濁ったお米になってしまいがちなのじゃ。見た事ないかのう、そんなお米。白濁した粒が多すぎると、あんまり美味しく感じんのよこれがまた。
急激にできちゃうお米の原因っちゅうのはいつものあれ、秋なのに真夏みたいな暑さでしかも熱帯夜、っちゅうやつじゃ。
今度白い粒が多いお米見たら、おやここにも温暖化の影響が・・・とつぶやいてみてくれい。

ちなみに、もち米はもともと白濁しとるから除外、それに半もち米もじゃな。

我が鹿角のお米は、盆地ならではの夜温の冷え込みとすっかりした秋晴れによって、少~しずつゆっくり熟すのが美味さの秘訣なのじゃがな。
ちょいと今年はいつもに増して遅いわい。
過ぎたるは及ばざるが如し。ちょいとだけ心配じゃ。(朕)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2009-08-25 18:19 | ダンジョン

ディーダンポロシャツ完成!

d0085096_16354530.jpg
いつの間にか迎えておった、ディープダンジョンかづのブログ3周年。
2周年記念の折にはオリジナルTシャツこしらえたわけじゃが、3周年の今回は性懲りもなくオリジナル「ポロシャツ」を作ってしもうたぞなもし!
どうじゃ、かっこええじゃろ。
愛煙家にも、そうでなくてもなにかと役立つ胸ポケット付きのキザなやつぞな。
黒を基調に、ちょいとお洒落な水色のアクセント。
こりゃ、手に入れて着るしかないのだわさ!
d0085096_1636324.jpg
うしろはこんな感じじゃ。
右袖にしっかりと「ディープダンジョンかづの」のロゴ、そしてうしろを歩く人に猛烈アピールなURLがバシッとついちょるよ。
すんばらすぃのう。

こしらえたサイズは幅広くLL、L、M、S、SSとご用意じゃ。
このディーダンポロシャツ、入手先はタケダスポーツとなりのクローバーテラス殿(地図)、焼酎ラウンジZEN殿(地図)にて、店長に「例のヤツを」とでも申せば注文できるぞなもし。

まあ、朕や閣下の世を忍ぶ仮の姿を知っておる御仁なら、直接連絡くれればOKじゃ。
ちなみに朕へのラブメール、いやさ直訴はこちらのメールアドレスじゃぞ。↓
deepkazuno@exblog.jp

ちなみにディーダンオリジナルポロシャツは、各サイズ共通で一着3000円(税込)也じゃ。ちとお高い?でも着心地は結構なもんじゃよ。

ついでに、LサイズとMサイズだけ少々残っておるディーダンTシャツも、在庫限り1500円にディスカウントして売っちゃおうかのう。
d0085096_16364898.jpg
↑あ、これディーダンポロシャツの見えない気配り。えり立てて歩くお洒落さんも大喜びじゃ。
ああ、もうおなかいっぱい。(朕)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2009-08-21 17:03 | ●城内●

北伐

d0085096_11531874.jpg
我が鹿角の今後を考えるには、近隣の諸国の情勢を探っておくことも肝要じゃ。
そこで今回は北のお隣、青森県は十和田市へ遠征してきたのじゃ。
というのも、閣下が「十和田市には強大な騎馬兵力が隠されておる由」と申すでな、なるほど南部騎馬軍の末裔が十和田におっても不思議ではなかろう。
そういえば先日、十和田市の三本木農業高校馬術部を舞台に、全く同名の映画が公開されておったな。いかなる力を秘めた騎馬軍なるか。あわよくば朕の旗下に吸収せしめん、じゃよ。

そしてやって来た、十和田市の官庁通りじゃ。
早速、とてつもない数の馬頭がお出迎えしとった。ほぼチェスの駒じゃなこれは。しかし壮観。
d0085096_11534169.jpg
この十和田市の官庁通り、片側二車線の車道に加えて相当広めにとってある両側の歩道、よう計画的に整備されておるわ。歩道には桜並木もあってな、春先なぞたいそう綺麗な光景じゃろうて。
で、桜並木の合間合間に、本物よりも若干スケールを落とした、それでも極めてリアルな馬の像が。
上の画像はカエルと戯れるお馬さんの像じゃわ。
よい、なんか知らんがよいぞよいぞ。

十和田市の騎馬軍、量だけでなく質もたいしたものじゃ。これは我が鹿角にとって脅威じゃ。
この通りの歩道、市民のジョギングコースにもなっておるようで、軽装の十和田斥候兵と見ゆる偽装市民共が朕らの挙動を絶えず見張っておるわ。ぬう、隙がないのう。
d0085096_11535940.jpg
朕ら、正体を偽って十和田市の偵察を続けておると、官庁通りの外れに巨大な体躯の馬が。
こ、これは赤兎!?

いや、この馬、花でできておる・・・
そういえば聞くところによると、かの十字軍は遠征の軍中に巨大な十字架を掲げた戦車を配置し、軍兵の士気を大いに高めたという。ベネツィア共和政府軍も高々と掲げた軍旗に誇りと戦意を高揚させたという。はたまた後漢末の黄巾党も、黄色の旗の下・・・
そう、多分十和田市民の戦意高揚のためのものじゃな、これってば間違いないわい。
ありゃ、よう見るとこれ美術館ではないか!
美術館がある街じゃったか十和田市!極めつけの羨ましさ度数じゃぞおぉぉ
d0085096_11541534.jpg
我が鹿角にもこんな文化的施設が欲しいぞな。
なんかこの日はちょうどボサノバナイトってな感じで生演奏会やるとこじゃったよ。
なんてこったじゃ貴公ら。
文武両道に頑張っておるのう、十和田市・・・。
と、戦慄を覚えておる朕の目に飛び込んできたのは「道百選」の看板。そうか納得じゃ、この通りの素晴らしさはしっかりと日の本でも評価されておったわけじゃな。ぐぐぐ。(朕)


人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2009-08-20 14:22 | 近隣諸国

南征!! その③

いよいよ花輪囃子でござるのう。皆、血湧き肉躍っておるでござろうな。メジャーダイミョウでござるじゃ。

さて、花輪囃子の日になんでござるが、南征戦記を手短にごくあっさりと完結させてしまうぞなもし。

「石ノ森章太郎ふるさと記念館」で新兵器を入手し、さらに南進を開始した我等の最終目標は海に出ること、つまり、海港を手に入れることでござった。ご承知の如く、狂王陛下が治められる鹿角の地には、海がござらぬ。この遠征で陛下が海港を手に入れられるならば、我等の軍ははるか異国への遠征が可能となり申す。だけではなく、貿易による莫大な富も得られるはずでござる。
そこで、我等が目を付けたのが、石巻でござった。聞くところによると、彼の地には遠くメキシコのアカプルコまで航海した「サン・ファン・バウティスタ号」という最新鋭艦まであるというではござらぬか。「サン・ファン・バウティスタ号」とはもちろん、伊達政宗の命によりかの支倉常長が率いた「慶長使節」の使節船でござる。
d0085096_19141039.jpg

外海に大きく開けた太平洋の海港とこの新鋭艦があれば、まさに我等は翼を得た馬のようなもの。縦横無尽に世界中を暴れ回る狂王軍の完成でござるわ、わはははは!

と、このように意気軒昂に石巻の地に乗り込んだ我等。時間は17時を回り、太陽が西に傾きかけてござった。

ここで我等は、思わぬ抵抗に出会い申した。「サン・ファン・バウティスタ号」が投錨する「宮城県慶長使節船ミュージアム」の城門前に「CLOSED」の高札が掲げられ、その門扉は固く閉ざされていたのでござる。これをご覧になった陛下は怒り心頭に発し、「なんと、朕を前にして城門を閉じようてか!無礼千番!ええい!者ども、掛かれ!かの城門を一揉みにて突き崩せい!」と号令。余らは一斉に突撃を敢行するも、厚い城壁と敵兵の必死の抵抗に阻まれて、容易に城は破れませぬ。ついに我等は「サン・ファン・バウティスタ号」に近づくことすらできず、撤退したのでござる。この南征においてはじめて味わう敗戦の苦渋でござった。

こうして余らは石巻にて一敗地にまみれ、ほうほうの体で根拠地である鹿角へ撤退いたしたのでござる。しかし、狂王陛下はいまだ彼の地にご執心。いずれまた南征の軍を揚げるやもしれませぬ。その折りには余も再び参陣し、かならずや彼の地を陛下のものとしてみせまする。(余)
d0085096_19194671.jpg


人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2009-08-19 19:19 | 近隣諸国

燃え盛る二日間

d0085096_1739111.jpg
見に!
行くべし!
花輪ばやし!
絢爛たる屋台と勇壮な囃子に戦慄覚えて鳥肌立つぞな!(朕)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2009-08-19 17:41 | ダンジョン

燃える二日間

d0085096_8355015.jpg
毎年8月19日と20日は言わずと知れた花輪ばやしぞ。
要するに今日と明日じゃ。
皆の衆、見に行くのじゃ!
不本意ながら見に行けぬ御仁は花輪ばやしのホームページで堪能せよ。
祝、祝。(朕)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2009-08-19 08:44 | ダンジョン

南征!! その②

皆、お元気でござるかな?メジャーダイミョウでござるじゃ。

さて。陛下とその筆頭参謀殿と余の3人による南征。その軍記を今夜もお届けいたそう。

前夜も記したとおり、「えさし藤原の郷」を制した陛下は、さらなる南進を決意。えさしの新しき国作りもほどほどに、我等は慌ただしく軍を整え、出立したのでござる。

筆頭参謀殿の進言に基づき、次なる攻略目標と定めたのは宮城県登米市にある「石ノ森章太郎ふるさと記念館」。この館内に恐るべき兵器が所蔵されているとの情報を得た筆頭参謀殿が、「その兵器の奪取と運用こそが、この南征の成否を左右することでしょう。」と陛下に進言したのでござった。
d0085096_19471221.jpg
これまた難攻不落の観のある白壁でござる。入り口には、門番まで屹立してござる。自ら斥候に出かけた筆頭参謀殿は、門番に大接近。緻密なる観察と分析の結果、「門番与し易し」と見た筆頭参謀殿は、あの手この手を尽くして門番を調略。ついに門番を寝返らせ、我等の前に門を開かせたのでござる。
d0085096_19542924.jpg
これには陛下も大満足。降った門番には知行を与え、末永い忠誠を誓わせたのでござる。

館内に突入した我等は、黒旋風の勢いで真っ直ぐにその兵器の格納されている区画を目指したのでござる。
d0085096_205113.jpg
「あった!ここでござるか!」
d0085096_2062939.jpg
「こ、これがうわさに聞きし、白い兵器!なんという……なんという威圧感でござるか!これがプレッシャーというものでござるか!」
d0085096_2073415.jpg
我等は大喜びでこれら強力なる人型兵器を接収。これら兵器の火力は間違いなく、陛下の軍を東北一強大な軍にのし上げることでござりましょう。陛下も愛機の前で、ご満悦でござりまする。

こうして強力な兵器を手に入れた我等は、余勢を駆ってさらに南進。
d0085096_20151226.jpg
ついに、この南征の最終決戦の地、石巻にたどり着いたのでござる。その物語りは、また次回でござる。(余)

続く。

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2009-08-18 20:18 | 近隣諸国

鹿角街道を往ったついでに

d0085096_17124218.jpg
鹿角街道の痕跡を探す旅も田子へ到着しひとまず今回は終了じゃ。
で、田子と言えばにんにくじゃな。田子でにんにくと言えばガーリックセンターじゃよ。
ところがガーリックセンターに到着した朕らを迎えたのは本日の営業は終了しました的な看板と、開かない自動ドアじゃった。
そんならどこへ行こうかと思案していると、見慣れぬ施設の名前が。

「チェリリン村」とな。
なんと興味を惹かれる名前ではないか。
なにがなんだかさっぱり正体不明のまま、まずはチェリリン村なる場所を求めて再移動開始じゃ。

で、やって来たは南部村じゃな。その山中に、突如でかい何かが出現したのじゃ。
あれ、よう見ると山の上に竜の頭が。
あれこそチェリリン村なるものに違いない、ちゅうことで接近じゃ。
チャージ!
d0085096_1713259.jpg
近寄ってどでんたまげたわい、閣下も朕も。
山中のちょっとした谷間に、こんな光景が。
しかもかなりの数の家族連れで賑わっておる。
オートキャンプ場・・・というのがチェリリン村の正体じゃったようじゃな。
ううむ、バーベキューやっとるのか肉の焼けるいい臭いがするわい、にくらしい。
ちと羨ましいのう。

ちなみにチェリリンの名の由来はどうやら南部町特産のさくらんぼからきとるようじゃ。チェリリン村近辺にも、たくさんのさくらんぼ園があったぞなもし。
我が鹿角にもこういった施設があれば楽しかろうと、日暮れ近いチェリリン村を見下ろしながら朕と閣下は今後の政策に思いを馳せたのであったよ。(朕)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2009-08-18 17:32 | 近隣諸国