<   2009年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

たそがれの十和田

d0085096_9121235.jpg
京都大学の内藤湖南先生の「湖」は琵琶湖のことだと思い込んでおったが、なんと故郷たる我が鹿角の北方、十和田湖のことだと知って驚いた、この辺境の地で内藤湖南先生の如き先駆的文化人が育つとはどのような土壌であろうか、と不思議がって実際に当地を訪れたは司馬遼太郎氏じゃった。・・・そうな。

大人になったら、したいこと。というテーマでやっとる某企業TVCMで、吉永小百合殿が十和田湖でやっとるのは、旦那殿と一緒に同じ事を楽しむということじゃった。

本家JRのHPにあるCMはこちら

そして朕は、ただ十和田湖を眺めるのが大好きじゃったとさ。(朕)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2009-10-30 09:36 | ダンジョン

JUJU

d0085096_11385627.jpg
我が鹿角は平元地区にある、喫茶店「樹樹」。読み方は「じゅじゅ」じゃ。
この辺で喫茶店は珍しい、というか唯一なんじゃなかろかね。
なかなか風情のある外観じゃ。
中も、どこか懐かしい喫茶店の雰囲気じゃよ。
喫茶店でコーヒーを楽しむ、そんな習慣かっこいいと思うのは朕だけじゃなかろう。

んでもジュジュってえと、君とはうまく踊れない~♪ってな歌詞が、朕は脳内再生されるんじゃが。
えー、それだけ。世界がこの手をこぼれていくぞなもし。
d0085096_11391347.jpg
樹樹付近の光景じゃ。小枝指がええ感じさね。(朕)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2009-10-28 11:51 | ボッタクル商店

消えゆくものあり

d0085096_1094275.jpg
毎年、いくつの花や野菜、果樹、穀物の品種が作出され登録されておるかご存知かな。
その数、実に年間数千じゃ。
特に花というものは嗜好や流行の変化に対応すべく、ものすごい数の新品種やレースが生み出されておる。
一方で、栽培されなくなり消えゆく品種もまたありじゃ。
例えばこの画像の「キヨニシキ」というお米の品種、できた当時は過去の品種と比べ格段に美味しい良食味品種として鮮烈なデビューを果たして、多くの生産者が一斉に作付したらしいぞな。
しかし今では産地品種銘柄として認められているのが唯一秋田県のみ、しかももう種は一般作付用には作られておらん。品種保存のために数百グラムが残されておるのみと申す。
かつては主食用として、またその後は日本酒のかけ米として、あるいはたんぽ用のお米としていい味出すと好評だったのじゃが、この品種も今年で朕は見納めじゃ。
まだ県内のどこかで作っておる御仁がおろうが、いつまで自家採取で本来の形質を維持できるかじゃ。
年配の御仁であれば、このキヨニシキ食べて育った者も多かろう。
新旧は交代するものじゃが、寂しくもあり、もったいなくもあり、実際困ってもおり。(朕)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2009-10-28 10:31 | ボッタクル商店

鹿角の萌えみのり新パッケージ

d0085096_1410788.jpg
あの、今年5月にデビューした新商品のお米「鹿角の萌えみのり」じゃがよ、朕食べておるに、最初は優れた食感ゆえのチャーハンとかピラフとか、カレーライスとか寿司向けなのかな、と思っておったのよ。
しかし食べるにつれ、なんていうんじゃろ、くせになる美味さと申そうか。もしかしてこれは真面目に、秋田を代表する良食味品種たるあきたこまちと比べても、対等以上に白飯として勝負できるのではないかと思うようになったのであるよ。
口の中で美味しいと感じるのは、甘みや酸味といったもののみならず、食感やのどごしなど、咀嚼動作での感触というのも重要な要素なんじゃな。

「鹿角の萌えみのり」デビューはよ、米は袋に入っておらんとダメなのかえ?っちゅう基本的なところから考え直して、気軽なプレゼントにもでき、なおかつ冷蔵庫にそのまま入れて保管もできちゃう紙筒で売り出したという経緯があるがね、クリアファイルとかマグネットシートのオマケまでつけて奇をてらったところで、現実割高な商品になっちゃったわけじゃ。
が、鹿角の萌えみのり、お米自体の美味さに対する自信に拍車かかった今、割高感を抑えた、いつもの食卓に使える価格帯の普及版パッケージも出したいという気持ちになってのう。

ゆえにじゃ、紙筒タイプはプレゼント用とかに特化したまま継続させて、普及タイプはスーパー店頭価格に近いもので新たに商品化する、ということを目指そうと。
しかししかし、ただの袋に入れちゃ朕の質が問われようさね。
中身には自信あるゆえ、一度食えばファンは絶対ついてくるはず。ならば手にとってもらいやすいように、エコバックみたいに「手持ち」が付いたパックを採用じゃ。それに、鹿角の萌えみのりのイメージキャラクター、みのりんの書き下ろしイラストをででんと掲載。童子から奥方殿方まで、幅広く可愛いと思ってくれるデザインになっとると自負しとるよ。
そしてパックの容量は3kgに設定。5kgでも4kgでも、2kgでもないぞな、3kgじゃ。これ戦略的にミソなのじゃ。

普及タイプの構想もだんだん出来上がってきたゆえ、ちょっとパッケージ案をご披露じゃよ。
これ発売は11月中旬を目指しとる。
地元スーパーにも、バイヤー次第じゃが置かせてもらおうと思うておるが、さてどうなるじゃろ。

ほんで、その11月には帝都の秋葉原へ遠征して販売イベントやろうと画策しとる。予定では22日であるか。
こんなやり放題、田舎でしかできんよ。いやさ、我が鹿角ならではと申そう。

鹿角の萌えみのりのファンをたくさんつくりたいが、まずはイメージキャラクター、みのりんで皆の心をキャッチしたいわさ。
ということで、みのりんの携帯待受画像のダウンロードページが出来たぞな。PC専用ページじゃが、アクセスしてQRコード読み取ってダウンロードするのじゃ。
「鹿角の萌えみのり」イメージキャラクター、みのりん待受画像ダウンロードページ

久しぶりに長文になってしもうた、朕はわくわくしとるよ。(朕)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2009-10-27 15:09 | ボッタクル商店

壊れかけてないレイディオ塔

d0085096_16274044.jpg
こちら現在地小深田、疲れて動けない、メーデーメーデー。
メーデーって何のこっちゃ?五月のある日であるか?
と、まあどうでもよいことは置いといてじゃな。
まあ、どうでもよいこと外すとこのブログは成り立たんのではあるがのう。

で、あれに見えるは小深田のラジオ塔じゃ。
細くて見づらいが・・・市役所にほど近いこの場所に、昔からあるラジオ塔じゃな。
ちなみにこの塔はNHKのAMを中継しとる。小深田の民は受信感度良好過ぎるのではないかえ。
田んぼにせよ畑にせよ畜産にせよ、生産者の多き我が鹿角にあって、生産者が日中一生懸命働くのに欠かせぬのがラジオじゃ。
汗水流して、どちらかというと孤独に黙々と作業せねばならぬ時間が多い生産者達、ラジオは気を紛らわせてくれる必須アイテムと言っても過言ではあるまい。
生産者の携帯ラジオ保有率は極めて高いぞなもし。
ゆえにあの塔が無ければ大変なことなのじゃ。生産性に影響出ること請け合いじゃ。
まさにライフラインよな。(朕)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2009-10-25 16:47 | ダンジョン

季秋の日暮れ

d0085096_14193715.jpg
陽が短くなって夕刻も16:30頃となると、しんみりと暗くなる今日この頃じゃのう。
夜の帳が下りるのが早いというのは、なぜかこう胸騒ぎするもんじゃが。
しかし風は冷たいし、陽が落ちると急激に冷え込んできよるでのう。
その陽の落ちるか落ちないかという瀬戸際の時間帯、トワイライトのときじゃな。その時間の空がまた、今時期ならではの美しさよな。
物思いにふけるには良すぎる背景じゃ。ふけりすぎて風邪ひきそうじゃが。
ぬくぬくとした衣類羽織って空眺めておると、世の細かいことなぞどうでもよう思えてきよるよ。
・・・なんつってなこと言っておられん世の中じゃがのう!(朕)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2009-10-24 14:40 | ダンジョン

たんぽの季節到来

d0085096_120832.jpg
きりたんぽ鍋、この風が冷たくなってきた季節の我が鹿角には欠かせない一品じゃ。
全国一律、鍋が恋しい季節ではあるがよ、郷土のきりたんぽ鍋はまたここに住む我らにとっては格別なものよ。
こちらはいつもの小料理葵殿の鍋であるぞ。
美味そうじゃろ。美味いのじゃ。
d0085096_11595264.jpg
真上からもう一枚。
レンズが曇るがメガネも曇るわ、しかし香りがまた、よだれ垂れるわさ。
今年はほれ、たんぽ小町ちゃんがロッテのガム「Fit’s」TVCM出演で全国デビュー果たしたじゃろ。
彼女はもともと、我が鹿角のたんぽのキャラクターじゃ。
顔が広くなったところで、発祥の地たる我が鹿角と、きりたんぽ鍋の美味さをどんどんPRしてゆかねばのう。
なんにしても、まあ、これからたんぽ食べる機会は我ら自ずと多くなるじゃろ。
きりたんぽ鍋に舌鼓打ちながらビールごくごく、たまらんたまらん。(朕)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2009-10-23 12:10 | 酒場あばん亭

ディーダンポロ亜種

d0085096_19202754.jpg
以前、某花輪市民センターの方からじゃな、ディープダンジョンかづののイラストがよいと、お褒めの言葉をいただいた事があってのう。
おまけに、オリジナルTシャツとかポロシャツとか買っていただいた事があったりしてのう。
おまけに、ディープダンジョンかづののイラスト使ってさらにオリジナル作ってよいかと聞かれたりしてのう。
さっき、たまたま我が鹿角の某所で見かけたポロシャツ、花輪市民センター行きの製品じゃというのじゃが、見た感じ、先日作ったディープダンジョンかづのオリジナルポロシャツそのものじゃが・・・
背中部分に、「はなわだもの」の文字が。
やってくれるではないか、花輪市民センター!
それでよいのか、花輪市民センター!
・・・いや、よいのか。
もっとやれー!(朕)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2009-10-22 19:28 | ボッタクル商店

電線一本

d0085096_16453236.jpg
ぬ、電線邪魔じゃな。
とはいえ、電線無いと生活困るんじゃが。
折角の午後三時の我が鹿角の青空のコントラストの・・・電線。
まあ、電線のある風景というのも撮りようによって風情満々なものになるのじゃがな。
しかし午後三時でこれじゃよ、陽が短くなってきたのをしみじみと感じるぞなもし。
風も冷たくなっておるしな。
うむ、晩秋じゃ。
風邪に注意じゃよ。(朕)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2009-10-22 16:53 | ダンジョン

浜田踏切からの眺め

d0085096_1842187.jpg
線路は続くよ、どこまでも・・・
そりゃホントかえ?
続いておらんかも知れんぞなもし。
なんちて。

この浜田踏切からの十和田南駅方面の眺め、学校へ通うとき、市日へ通うとき、はたまた通勤の途中で、幾度となく目にしておった、あるいは目にしておる御仁も多いのではないかな。
平場の駅としては結構珍しい、スイッチバックがあるがゆえの、単線ながら短い距離だけ複線に見える光景じゃな。
単線が別の方向から合流する様は、出会いか別れを想起させる・・・と思うのは朕だけか?
分岐したり隣の線路に渡ったりしておる線路、人生の岐路に似ておる・・・と思うのは朕だけか?
プラットホームに向かう線あり引込み線あり、これ人の生きる道の多様さを喚起させる・・・と思うのは朕だけか?
進むだけではない、時には逆方向へ戻ろうと思いきや、別方向へ新たな転進のスイッチバック・・・みたいな思いにかられるのは朕だけか?

ぬう。線路というものは、進む方向を見ておっても楽しいものじゃが、通って来た路程を眺めるのも楽しいものよ。時には振り返ってみてみたくもなるというもの。
人生に似たり、なんちて。しかしながら人の生きた道、後ろ振り返れば通って来た道程は明らかじゃが、前見ても目に見える線路なんぞ無いわさ。分岐も行き止まりも、見えやせん。
じゃから朕大好きな線路よりさらに人生面白いのじゃ。

いやーところで疲労ピークじゃよ。足腰から指の関節までギシギシいっとる。
そろそろ帝都が朕を呼んでおるかな。・・・いや、まだじゃなー。(朕)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2009-10-20 18:33 | ダンジョン