闇に輝く太陽

d0085096_8163674.jpg
以前、我が鹿角の花輪地区にある関善酒店については少々記事にしたのう。周囲の町並みが再開発によって一新されてから、建物の文化的な価値は高まる一方じゃ。いつでも中はNPOの方の説明付きで見学可能なのじゃが、いわゆる建物自体の素晴らしさもさることながら、かつて実際に使われておった算盤や台帳、玩具などといった小物がそのまま残されておるというのも素晴らしいのじゃ。年配の方なら、昔懐かしゅうて感慨に浸れるであろうし、若人でも昔日の生活を想像するに容易なほど、色々な物が揃っておる。で、関善の二階で朕を振り向かせたものが一つ、いやさ一枚・・・。薄暗い通路の片隅に、強烈な存在感を持って微笑むポスターが。布一枚しかまとわぬ見事なナイスバデーは、アアアアグネスラム・・・。これは一目惚れに近い衝撃じゃぞ。朕としたことが、現役では知らぬラムたんに一気にゾッコンじゃ。すげえ魅力じゃ、妲己、夏姫もかくやと言うところよ。言い過ぎ?(朕)
by deepkazuno | 2007-09-23 08:45 | ボッタクル商店
<< 中に人はいません カエラリル >>