チョロギの葉

d0085096_17172.jpg
我が鹿角の名産品、特産品や美味いもんは数多あれど、その中でもチョロギは朕の大好物のひとつじゃ。あの食感、紫蘇漬けにした風味、日本酒がこれほど合うつまみもなかなかないと思うのじゃが、どうか。見た目はまあはっきり言ってイモムシかウ○コみたいじゃがのう。それとても、チョロギを珍味たらしめておる要素のひとつよな。で、上の写真、これチョロギの葉っぱじゃ。あんまり見たことなかろう。ちと、病気にかかってるっぽい葉ではあるがのう。案外毛深いのなあ。そもそもチョロギってしそ科じゃから、なんとなく紫蘇の葉に似ておるようにも見えるのう。ってことは、紫蘇で漬けるチョロギは親戚同士の料理になるわけじゃな。納豆や豆腐に醤油かけて食うみたいなもんかいな。え?違う?例えが下手じゃと。そうなー。(朕)
by deepkazuno | 2007-10-06 17:12 | ボッタクル商店
<< 翌朝地獄 遊具 >>