2009年 08月 18日 ( 2 )

南征!! その②

皆、お元気でござるかな?メジャーダイミョウでござるじゃ。

さて。陛下とその筆頭参謀殿と余の3人による南征。その軍記を今夜もお届けいたそう。

前夜も記したとおり、「えさし藤原の郷」を制した陛下は、さらなる南進を決意。えさしの新しき国作りもほどほどに、我等は慌ただしく軍を整え、出立したのでござる。

筆頭参謀殿の進言に基づき、次なる攻略目標と定めたのは宮城県登米市にある「石ノ森章太郎ふるさと記念館」。この館内に恐るべき兵器が所蔵されているとの情報を得た筆頭参謀殿が、「その兵器の奪取と運用こそが、この南征の成否を左右することでしょう。」と陛下に進言したのでござった。
d0085096_19471221.jpg
これまた難攻不落の観のある白壁でござる。入り口には、門番まで屹立してござる。自ら斥候に出かけた筆頭参謀殿は、門番に大接近。緻密なる観察と分析の結果、「門番与し易し」と見た筆頭参謀殿は、あの手この手を尽くして門番を調略。ついに門番を寝返らせ、我等の前に門を開かせたのでござる。
d0085096_19542924.jpg
これには陛下も大満足。降った門番には知行を与え、末永い忠誠を誓わせたのでござる。

館内に突入した我等は、黒旋風の勢いで真っ直ぐにその兵器の格納されている区画を目指したのでござる。
d0085096_205113.jpg
「あった!ここでござるか!」
d0085096_2062939.jpg
「こ、これがうわさに聞きし、白い兵器!なんという……なんという威圧感でござるか!これがプレッシャーというものでござるか!」
d0085096_2073415.jpg
我等は大喜びでこれら強力なる人型兵器を接収。これら兵器の火力は間違いなく、陛下の軍を東北一強大な軍にのし上げることでござりましょう。陛下も愛機の前で、ご満悦でござりまする。

こうして強力な兵器を手に入れた我等は、余勢を駆ってさらに南進。
d0085096_20151226.jpg
ついに、この南征の最終決戦の地、石巻にたどり着いたのでござる。その物語りは、また次回でござる。(余)

続く。

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2009-08-18 20:18 | 近隣諸国

鹿角街道を往ったついでに

d0085096_17124218.jpg
鹿角街道の痕跡を探す旅も田子へ到着しひとまず今回は終了じゃ。
で、田子と言えばにんにくじゃな。田子でにんにくと言えばガーリックセンターじゃよ。
ところがガーリックセンターに到着した朕らを迎えたのは本日の営業は終了しました的な看板と、開かない自動ドアじゃった。
そんならどこへ行こうかと思案していると、見慣れぬ施設の名前が。

「チェリリン村」とな。
なんと興味を惹かれる名前ではないか。
なにがなんだかさっぱり正体不明のまま、まずはチェリリン村なる場所を求めて再移動開始じゃ。

で、やって来たは南部村じゃな。その山中に、突如でかい何かが出現したのじゃ。
あれ、よう見ると山の上に竜の頭が。
あれこそチェリリン村なるものに違いない、ちゅうことで接近じゃ。
チャージ!
d0085096_1713259.jpg
近寄ってどでんたまげたわい、閣下も朕も。
山中のちょっとした谷間に、こんな光景が。
しかもかなりの数の家族連れで賑わっておる。
オートキャンプ場・・・というのがチェリリン村の正体じゃったようじゃな。
ううむ、バーベキューやっとるのか肉の焼けるいい臭いがするわい、にくらしい。
ちと羨ましいのう。

ちなみにチェリリンの名の由来はどうやら南部町特産のさくらんぼからきとるようじゃ。チェリリン村近辺にも、たくさんのさくらんぼ園があったぞなもし。
我が鹿角にもこういった施設があれば楽しかろうと、日暮れ近いチェリリン村を見下ろしながら朕と閣下は今後の政策に思いを馳せたのであったよ。(朕)

人気ブログランキングへ
人気blogランキングに参加しておるよ。一日ワンクリックで応援してくれい!

by deepkazuno | 2009-08-18 17:32 | 近隣諸国